経営学部

経済学部

経済学部の教育目的

経済学部長 森誠一

経済学部長
森 誠一

 本学部の教育目的は、「知を創り、地に資する」と位置づけられる建学の精神を背景に“地域に有為の人材を養成する”ことにあり、そのため社会科学系学問を中心に、体系的および実践的な教育を精力的に図っています。本学部には経済学科と公共政策学科の二学科があり、産業振興によって社会貢献する企業で活躍したい人、また、教員を含め公務員や社会福祉関連で活躍したい人を積極的に支援しています。
 経済学科では、経済学を中心とした体系的及び実践的な学修を通じた幅広い視野のもとで、現代における様々な経済社会問題の本質を捉える洞察力を備え、地域社会の発展に貢献する人材の養成を目的としています。
 公共政策学科では、経済学を基盤としつつ社会科学や政策科学、ならびに社会福祉の専門知識や技術を体系的・実践的に学修し、協働と共生の地域社会を創生する役割を果たす人材の養成を目的としています。

経済学の魅力とは・・・

 一般的に“経済学”というと、「お金儲けの勉強だろう」とか「たくさんの数値が出てきて、覚えることが難しそう」あるいは「国際貿易や金融市場のことで自分とあまり関係ない」といった印象をもたれるかもしれません。そこで、本学部の特徴と面白さや奥深さを少し紹介したいと思います。

(1)幸せを追究する学問を学ぶ場:「経済」の本質

 「経済」という言葉は、そもそも中国の古典にある「経世済民」、すなわち「世を経め、民を済う」を起源としています。これは、民を救うために公的な政策・事業を実施し、秩序をもって社会を治めることで、言い換えれば、人々の生活向上を根拠にもとづき求めるという意味です。したがって、経済学とは「社会の複合的な仕組みを学び、それをどのように改善したら人々がより幸せになるか?」を追究する学問といえます。本学部は、この社会の公益・公共に貢献する学問を学ぶ場であり、刻々と変化する多様な現実社会に合理的な根拠をもって対処できる人材を育成します。

(2)地域とリアリティを感じる場:自身の生活圏と関係する社会

 経済学部では、特に「地域」の経済社会に関して経済学を中心に社会学や環境学、行政学、法学など様々な側面から学びを深めるための科目が数多くあり、「地域」について総合的に学ぶためのカリキュラムが充実しています。
  その充実は科目メニューに依拠するだけでなく、一年生からの基礎演習や企業経営の分析を深める企業人育成、福祉職を含め公務員試験対策などの少人数教育により、肌理の細かい学生指導を実施しています。そこで社会の課題を自ら見出し、その解決に向けて自らの意見をもって他者と議論し、合意形成を経て発信・行動することで、社会の仕組みとリアリティをもって接することを経験することでしょう。

(3)教室と現場を応答する場:理論と実践の交差

 教室での座学的学びだけでなく、本学部は地域社会との連携で学ぶ“地域実践型アクティブラーニング”に特徴があり、地域の様々な主体(自治体、商工団体、協力企業、NPOなど)と連携した学びの場が豊富です。例えば、地域連携推進センターのもと、本学の学生が自分たちで企画・運営しているマイスター倶楽部やボランティア・ラーニングセンター、あるいは自治体財政研究会などの活動があります。
 このように学生が主体的に社会の仕組みを学び、問題の所在を検討し改善に向けて議論する機会は、将来において自身の仕事や生活に役立つことになるでしょう。なぜなら人々が何を必要としているかを考え、それを商品化するのが企業であるとすれば、その作業を在学中に事前体験できるからです。

現在そして未来の大学生のみなさん!

 大学は、自分自身を大きく成長させることができる“飛躍の場”です。この飛躍とは、社会における自身の方向性を見据えることを意味します。つまり、自分自身がいかに社会とつながっているかを、一般講義や演習による専門知識をもとに、資格取得や就職試験の対策、クラブ活動、ボランティア活動あるいは仲間・同窓形成など多くの機会を通して理解する時期ともいえます。この機会を自身の飛躍のため効果的に位置づけて、仲間とともに大学4年間をおもいっきり楽しんで充実したものにしてください。

教員紹介(経済学部)

教員紹介はこちら