たばこ税を上げたら、税収が増える。それ、ほんと?

経済学部

昨今、たばこが及ぼす健康被害について、関心が高まっています。たばこは長年、吸い続けるとガンになる確率が上がるだけでなく、さまざまな病気に罹る危険性が指摘されています。平均寿命が5年も短くなるという統計も発表されているほどです。
そこで政府は喫煙者を減らすため、たばこ税を段階的に値上げしてきました。いまの日本は税収不足なので、たばこ税を上げれば税収が増え、それを機に禁煙すれば健康を害する人も減るでしょう。まさに一石二鳥。でも、実際はどうでしょうか?
健康な人が増え、寿命が伸びると年金の支給額も増えていくでしょう。寿命が伸びればその分、他の病気に罹る可能性も増加するはずです。つまり、たばこ被害に関連する医療費が減っても、他の支出が増えるのです。
経済学は目の前のメリット・デメリットだけでなく、一歩先を見通した思考が重要。その思考を発揮すれば、この先の未来が(ある程度)読めるかもしれません。

経済学で、
一歩先を見通した思考を
身に付ける。

学びの特徴

PageTop