経営学部

看護学部

看護学部長 我部山キヨ子

看護学部長
我部山 キヨ子

 加速する超高齢少子社会の日本において、保健医療福祉を取り巻く環境は大きく変化しています。これまでの医療では、疾病の治療に重点を置く、「治す医療」が中心でしたが、現在の医療は、その人の人生、生活といった視点に立って、自分らしい、人として尊厳のある生活を人生の最期まで続けることができるように、個々の人生を「支える医療」へと転換が図られています。
即ち、これまでの病院完結型医療から、住み慣れた地域や自宅での生活のための地域完結型医療へと医療の目的が変遷していく中で、それらに携わる様々な職種の関係者を結びつけ、医療依存度が高い人の在宅生活を支えるなど、看護職へのニーズやその活動場所は一段と拡大し、社会が看護職に求める役割や期待は、益々大きくなっています。

 このような社会の要請に応えるために、看護学部では看護師教育及び保健師教育を行います。教育理念としては、(1)高い倫理観と豊かな人間力教育、(2)多様なリベラル・アーツ教育、(3)最新・高度な専門的知識と技術教育、(4)地域医療・チーム医療のための連携教育の4つです。これからの医療や看護を担い、発展させる力を培うために、カリキュラムは、最新かつ高度で多彩な科目を教養科目、専門基礎科目、専門科目、発展科目の4 群に分類し、自己の看護の発展、その後の専門性への道が展開できるように、体系的に構成しています。

 これらの学修により、豊かな人間力やグローバルな視野を涵養し、最新かつ高度な専門的知識と技術を身につけ、高度医療や地域医療の未来を担う高度専門職業人を育成します。

4つの教育理念

4つの教育理念

4Dで未来を拓く

4Dで未来を拓く

教員紹介(看護学部)

教員紹介はこちら