経営学部 スポーツ経営学科

スポーツ経営学科

スポーツ教育と健康・スポーツビジネスを
マネジメントする手法を学ぶ

スポーツ科学を基礎としたトレーニングやコーチング方法を修得し、選手の能力向上や競技の振興に貢献できるスポーツ指導者を育成します。

社会に繋がる学び

スポーツ経営学科の特色

スポーツ指導、経営のプロフェッショナルを目指す。

1.スポーツマネジメント関連科目が専門教員から学べる

「スポーツ産業」「レジャー産業」「スポーツ科学」「スポーツ教育」という学科の4つの柱について経営視点で実践的・系統的に専任の専門教員から学べます。

2.指導者になるために必要なプロセスを学べる

科学的トレーニング方法や指導法を学び、「保健体育」「商業」の教員免許をはじめ、多数の資格が取得できます。また日本トレーニング指導者協会(JATI)のトレーニング指導者養成校に認定されています。

3.レジャー産業という広い分野の学びと研究が可能

レジャーやレクリエーションをはじめとする、生涯スポーツ関連分野が学べる専門科目が用意されています。

コース紹介

course 1スポーツビジネスコース

経営能力を身につける

スポーツに関する科目はもちろん、ビジネスに必要な経営学、マーケティング論等を複合的に、かつ実践的に学び、スポーツのビジネス化・産業化に寄与する人材を育てます。

course 2スポーツ教育コース

コーチング能力を身につける

身体機能やスポーツ技術面でのコーチング理論を修得し、体育・スポーツ指導において、発達段階に応じた適切な対処と技術力向上のための様々な知識を身につけます。さらに、安全管理についても教育・指導ができるスポーツ科学に精通した人材を育てます。

体育授業インターンシップ制度・課外体育インターンシップ制度

実践で指導力アップ!

体育授業インターンシップ制度とは、保健体育科教師を目指す学生が小・中学校の教育現場に出向き、体育の授業の補助活動を行う制度です。それにより、子どもを見る目を養い授業づくりへの理解を深めつつ、高度な職業観、責任感、問題意識をもった教員の養成を目的としています。 また、課外体育インターンシップ制度は課外体育(運動部活動など)の指導補助活動を行う制度です。自分の持っている技術を広く還元するトップアスリートとしての自覚を深めるきっかけとなります。

授業紹介

スポーツ原論

「身近なスポーツを新たな視点で学ぶ」

1年次・専門教育科目/必修
髙橋 正紀 教授

あなたは何故スポーツをしているのですか?スポーツってどういうものか知っていますか?スポーツをするために必要なこころ構えを知っていますか?

スポーツ原論という科目では、15回の講義を通してこれらの問いに明確且つ判明な答えが受講生一人一人の内部から引き出されるように試みます。受講生によるスポーツ原論科目の授業評価で多く見られる感想は「スポーツをより楽しむことを意識するようになった・楽しめるようになった」というものであり、その結果「スポーツに取り組む姿勢が変わった」という受講生も多数になります。

スポーツ経営学科で“スポーツ”を学ぶ為の原点であるのみならず、あなたと“スポーツ”との関わり方の新しいスタートとして授業に取り組んでみて下さい。

スポーツ心理学

「“心理”を学ぶことで、様々なシーンでの活躍の幅が広がる」

2年次・専門教育科目/人間とスポーツ
岸 順治 教授

スポーツは、「こころ」と深いつながりを持っています。「やる気」「性格」などの心理的な働きを抜きにして、人間が行うスポーツを理解することはできません。また、「あがり対策」「メンタルトレーニング」など競技力向上のための対策など、この授業では、スポーツ心理学の基本的事項を幅広くテーマとして取り上げて学びます。そして、自己の行っているスポーツ活動や将来の指導者としての実践に役立つことでしょう。

スポーツ動作分析

「パフォーマンスを向上させる、理想の動作を追求する」

2年次・専門教育科目/人間とスポーツ
篠田 知之 准教授

スポーツ動作分析の授業では、さまざまなスポーツの動きを「ゲームブレーカー」という特殊なパソコンソフトを使用して分析します。このソフトでは、二つの動作を並べて表示したり、連続写真を簡単に作成したりすることができます。ただ単にビデオで撮影するだけでは分かりにくい動きの特徴を、画像を加工することによって明らかにしていきます。さらにその動作の改善方法を検討し、スポーツの競技力向上につなげることを目標としています。

スポーツ経営論

「スポーツビジネスを通して国や社会の要請に応える」

1年次・専門教育科目/スポーツマネジメント
原田 理人 教授

スポーツ経営論では、単なるスポーツ関連ビジネスの事例紹介ではなく、企画・開発・管理・運営などに関わる実践的なマネジメントを学びます。

また経営学の基礎知識を背景に、経営関連理論とスポーツ関連理論を複合的に学び、スポーツをツールとしてビジネスの知識習得を目指します。スポーツビジネスは、多くのビジネスにおける基本的な要素を全て含んでいます。つまり、スポーツビジネスを学ぶことで、基本的な経営能力や経営の応用力などが身につくことになります。

本科目では「理論の修得」を中心とするのではなく、実際の経営活動をシミュレートしながら体験的な学びを通し、ビジネスで求められる実践能力を身につけていきます。

学生の声

スポーツで健康づくりに貢献したい。
学内での学びを、地域で積極的に実践。

山口 栞奈
経営学部/スポーツ経営学科 3年
岐阜県 大垣日本大学高等学校出身

生涯スポーツなど健康産業分野を中心に学びながら、学外でのレクリエーション事業にも積極的に参加しています。幅広い世代に合わせたスポーツ指導なども、実践を通してスキルアップ。これからも様々なスポーツ事業を通して、地域の健康づくりに貢献していきたいです。

資格取得支援・実績

取得可能な資格

教員免許状 中学(保健体育)、高校(保健体育・商業) / レクリエーション・インストラクター / 日本サッカー協会公認指導者(C級) / 初級障がい者スポーツ指導員 / JATI認定トレーニング指導者受験資格 / フィットネスクラブ・マネジメント技能士3級〈国〉 など

目指す進路

スポーツ関連企業(スポーツ用品メーカー、販売企業、スポーツメディア企業、スポーツクラブ) / 公務員(社会教育行政職、警察官、消防官、中学・高校保健体育教員、高校商業科教員) / スポーツNPO法人職員 など

科目一覧

資料請求
入試案内

このページは役に立ちましたか?
はい いいえ

その他、ご意見はありますか?

送信 スキップする

ご協力ありがとうございました。

PageTop