免許・資格取得

教職課程

本学では、定められた科目を履修・単位取得することによって、下記の教育職員免許状を取得することができます。 教員免許状は都道府県教育委員会から、大学を通じて授与されます。

取得できる免許状の種類

免許状の種類 経済学部 経営学部
経済学科 公共政策学科 情報メディア学科 スポーツ経営学科
中学校教諭1種 保健体育
高等学校教諭1種 公民
商業
公民
福祉
商業
情報
保健体育
商業

年間予定

  • ※「P」は、「PAC講座」の略。3年次生「■介護等体験」は、中学校1種「保健体育」取得希望者のみ対象となります。
  • ※2年次生から体育授業インターンシップ、3年次生から課外体育インターンシップを履修する事ができます。

教職課程専任教員の紹介

髙橋利行 教授

皆さんの年代は、将来の職業が「夢」の段階から「現実」に変る時期です。職業として自分の持てる力を最大限生かすことができたら素晴らしいですね。
「自分の続けてきたスポーツを子どもたちに教えたい」「自分の得意分野の力をこれからの世代に伝えたい」そんな思いを抱いて教師への道を考えている人も多いと思います。本学では教職課程を履修することで、そのような教師への思いの実現に向けて支援をしていきます。決して安易な道ではありませんが、不可能な道ではありません。本学には教師への道を目指して頑張っている仲間がたくさんいます。さあ、一緒に頑張りましょう。

藤岡恭子 教授

教師志望の皆さんは、「よい教師」とはどのようなイメージがあるでしょうか?あなたにとって「よい教育」とはどのようなイメージがあるでしょうか?
教師が、「人間の発達」への理解を深め、子ども一人一人の発達上のニーズに寄り添った、質の高い教育を探究していくこと(=「学び続ける教員像」)が、今まさに求められています。本学の教職課程科目は、こうした「専門職としての教師」に必須の内容で構成されています。教職科目の一つ一つに主体的に取り組み、様々な理論と実践を学んでいくこと、さらに、一つ一つの経験の意味を問い直し、分析するための専門的知識を身につけていくこと、これらの学びは総じて、必ずや皆さんの人間性を高める糧になるでしょう。
教師志望の皆さん、「子どもの発達の可能性を最大限に開花させる教育とは?」そのために「多様な人々がともに生きる生き方」を議論しながら一緒に探究していきましょう。

田邉良祐 講師

「教え子が恩師」
これは、私の大学時代の恩師の言葉であると同時に、教員としての私の中心軸です。教育という絶対的な正解の無いものに対し、学生たちと一緒に確からしい答えを導いたり、学生がそれぞれの夢や目標を実現する過程に携わることで、学生と共に成長・進化し続けたいと思います。
教職課程を経て免許を取得する要件を満たしても、教壇に立てません。教員採用試験という教壇に立つための関門を突破できるための、「効果的な」「唯一無二の」プログラムを用意しています。入学から4年後に教壇に立つという夢を実現できるよう精一杯サポートします。

教員を目指す学生のためのバックアップ制度

資料請求
入試案内

このページは役に立ちましたか?
はい いいえ

その他、ご意見はありますか?

送信 スキップする

ご協力ありがとうございました。

PageTop