大学概要

学長からのメッセージ

学長
  • 岐阜協立大学
    学長 竹内 治彦
    (たけうち はるひこ)

 岐阜経済大学は、2019年4月、岐阜協立大学と名称変更を行います。
 開学50周年の年であった2017年、本学は大垣女子短期大学と法人統合を行いました。そして、大垣女子短期大学に設置していた看護学科をベースに、4年制に発展させることが大学名称変更の直接の契機になりました。私が着任した1992年の時は単科大学でしたから、隔世の感があります。教育のありかたも、アクティブラーニングを基礎概念としつつ、能動的に何かを身に付けるものへと改革が求められています。以上のように、本学やその環境は大きな変革期にあります。

 他方、大学が何のために存在するのかというと、やはり教育と研究、そしてそれらを通じた地域貢献ということになり、その本質は変わりません。岐阜経済大学の建学の精神であった、「創造発見」「知才涵養」「資質発揚」「地域貢献」は、岐阜協立大学にも引き継いでいかねばならないと考えています。1966年に文部科学省に提出された岐阜経済大学の設立趣意書には、「社会指導の負荷に耐えうる知才の涵養に留意し、もつて人間資質の真価を発揚せしめる」と書かれていました。社会指導の負荷に耐えるとか、資質の真価を発揚するということは、これからますます重要になってくると思われます。変革期だからこそ、原点、根本的な価値観は土台に据えて大切にしたいと考えています。

 50有余年に渡る本学のアイデンティティーを掘り起こしてみると、「自立心」や「元気さ」といった言葉がキーワードとして浮かんでくるように思います。例えば、大学規模に対して、社長をお勤めになっていらっしゃる卒業生の割合は東海地方でトップクラスの高さであるといったデータは、本学卒業生の自立心の高さをよく示しています。こうした実績を活かしつつ起業家教育を活性化し、本学を起業や事業承継のメッカの大学にしていくことは、建学の精神を今日的に継承することになり、また、重要な社会貢献になると考えるところであります。さらに、「岐阜経済大学」から「岐阜協立大学」に名称変更することで、大学に想定される学問分野も広がります。こうした可能性に大垣女子短期大学の皆さんと連携してチャレンジし、より広い分野からの社会の期待に応えうる大学に成長していきたいと考えています。

 これから、益々成長、発展していく岐阜協立大学にご期待ください。