• ホーム
  • 重要なお知らせ
  • 岐阜県の新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態措置等の解除、政府の緊急事態宣言解除及び特定警戒都道府県指定解除に伴う本学の対応について(1)

重要なお知らせ

岐阜県の新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態措置等の解除、政府の緊急事態宣言解除及び特定警戒都道府県指定解除に伴う本学の対応について(1)

UP DATE 2020.05.18
PUBLICATION DATE 2020.05.18

2020年5月18日
在学生 各位
岐阜協立大学  
学長 竹内治彦
 

岐阜県の新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態措置等の解除、政府の緊急事態宣言解除及び特定警戒都道府県指定解除に伴う本学の対応について(1)

 
標記の通り、政府による岐阜県に対する政府の緊急事態宣言及び特定警戒都道府県指定は、令和2年5月14日付けで解除され、これを受け、岐阜県から大学等への施設の使用制限等の協力要請も解除されました。
しかしながら、新型コロナウイルス感染症は再流行のリスクが存在することから、継続的な感染防止対策の徹底が、全国的にも、また岐阜県においても求められています。
本学としても、もともと構想していた感染対策を、岐阜県の「コロナ社会を生き抜く行動指針」や「岐阜県 学校における新型コロナウイルス感染症対応<学校再開ガイドライン>」に基づき修正し、大学再開に向けた準備を始めているところです。

そのため、大学再開目標日を6月1日(月)とし、今月いっぱいは原則、学内立入禁止の処置を続けます。
6月1日以降は、主に実技・実習科目や演習の一部において、対面授業を、感染対策を施しながら実施する予定のほか、これまでのリモートの学修基盤を活かしながら、対面での活動も広げていくことになります。
今後の授業の進め方、窓口対応についての詳細は5月27(水)に発表する
予定です。