学生生活

在留期間の更新

大学教育を受ける留学生は、在留資格「留学」により日本での滞在が許可されます。

  • 在留資格「留学」の在留許可期間は、最長で4年3ヶ月です。
  • 本学における在学予定期間内に在留期限が切れる場合は、入国管理局に在留期間更新許可申請(在留許可期限の切れる3ヶ月前から申請可、最低2週間前までに申請)をしなければなりません。
  • 在留期間更新許可を受けたら、すぐに学生課に届け出てください。

在留期間更新手続きに必要な書類

下記の書類を用意し、入国管理局に申請する。
申請時に提出書類のコピーをとっておくこと。

  • 在留期間更新許可申請書 1通
    ※様式その1、その2(留学)、その3(留学)所定用紙は入国管理局、または学生課にあります
  • パスポート
  • 在留カード(外国人登録証明書)
  • 国民健康保険証

教務課にて申込

  • 在学証明書
  • 成績証明書
    但し、大学で成績が発行できない者(新1年生及び編入生等、前期成績が出る前に在留資格を更新する者)は最終学歴の成績証明書が必要です。

教務課にて申込

※1月から3月に申請する場合にはその年度の「受講登録証明書」の提出を求められたり、その年度の成績が発表された後に改めて「成績証明書」の提出を求められたりする場合もあります。

お問い合わせ

担当部署学生課
TEL:0584-77-3518  FAX:0584-77-3519  E-mail:gakusei@gku.ac.jp