学生生活

国民健康保険の加入

日本に1年以上在留する全ての外国人は「国民健康保険」に加入する義務があります。留学生の皆さんの意志で脱退することはできません。
国民健康保険は、病気や怪我をしたときに、国、地方自治体および個人が医療費を分担し、経済的な心配をすることなく医者にかかれることを目的とした医療費保険制度の一つです。

手続き

加入時

外国人登録と同時に、居住地の市区町村役場の国民健康保険を取り扱っている部署で行います。
加入後は月々の保険料を支払います。

加入後、転居や結婚で住所や氏名、世帯主などが変わったとき

在留カード(転居の場合は、居住地の変更手続き後のもの)や保険証を持参し、14日以内に居住地の市区町村役場の国民健康保険を取り扱っている部署に届け出ます。

国民健康保険に加入すると

国民健康保険被保険者証(保険証)が交付されます。
保険医療機関(健康保険を取り扱う診療を行うことを都道府県知事に申請し、指定された医療機関)で診療を受けるとき、受付窓口で保険証を提示すれば、個人が支払う医療費の負担は3割程度で済みます。
入院などで医療費が高額になった場合、自己負担限度額を超えた医療費の払い戻しなども受けられます(高額医療費の払い戻し)。

お問い合わせ

担当部署学生課
TEL:0584-77-3518  FAX:0584-77-3519  E-mail:gakusei@gku.ac.jp