経済学部

学びの特徴 ~地域実践型アクティブラーニング~

「地域実践型アクティブラーニング」とは

経済学部では、「地域実践型アクティブラーニング」の推進を学部教育の中心的なテーマとして掲げています。「地域実践型アクティブラーニング」とは、講義等で得た知識をもとに、「地域」の課題を発見し、解決策を考え、提案・行動し、再び理論的な考察にまで結びつけることによって、実践的な体験学習を豊かにすると同時に、「地域」に貢献する意義を学ぶという教育・学習の手法のことです。教室の学びだけでなく、地域に飛び出して、体験的に学ぶところに特徴があります。

そして、社会の課題を発見し、理想の社会を考え、自分の意見を発表し行動すると、皆さんは学ぶほどに面白くなっていきます。また、このような学びによって得ることのできる課題発見能力、問題解決能力、コミュニケーション能力等は、学生の皆さんが社会人となって活躍する様々な場面において役立つことになります。

以下の履修モデルで示しているように、「地域実践型アクティブラーニング」は、本学と岐阜県が共同認定している「岐阜県コミュニティ診断士」を取得することを学修目標としています。

「面白くなる学び」を体験しよう!
「地域実践型アクティブラーニング」履修モデル

経済学部、経済学科、公共政策学科では、地元産業界(大垣市、大垣商工会議所、大垣市商店街振興組合連合会)と連携して地域の課題について調査、解決する題解決型学習があります。(地域フィールドワーク、菊本ゼミ)

菊本ゼミでは地域課題についてテーマを設定して、調査研究活動に取り組むことや成果をまとめるトレーニングを実施します。具体的には、大垣市や西濃地域の地域資源や中心市街地に求められる社会的機能などの調査のもとテーマを設定し、研究活動、報告会へと繋げていきます。

資料請求
入試案内

このページは役に立ちましたか?
はい いいえ

その他、ご意見はありますか?

送信 スキップする

ご協力ありがとうございました。

PageTop