教員紹介

池田 由紀(いけだ ゆき)/教授

「看護学部」 池田 由紀 教授

学位 博士(看護学)
担当科目 成人看護学援助論Ⅰ/成人看護学演習Ⅰ/終末期看護論/キャリア開発演習
研究テーマ 慢性呼吸器疾患患者への療養支援に関する研究
笑いと健康に関する研究

研究業績

著書

  • 「呼吸リハビリテーションマニュアルー患者教育の考え方と実践」(共著),日本呼吸ケア・リハビリテーション学会,日本呼吸器学会,日本リハビリテーション医学会,日本理学療法士協会,2007年
  • 「図説臨床看護医学(血液・造血器,第4巻)」(共著),同朋舎出版,1998年

論文

  • 「成人看護学実習前の学生が実習中の課題に取り組もうとする気持ちに影響する内容」(共著)(査読有),愛知県立大学看護学部紀要,21,79-88,2015.
  • 「在宅酸素療法を受ける高齢慢性肺疾患患者への息切れセルフマネジメント支援プログラム評価」(博士論文),大阪府立大学大学院看護学研究科,2014.
  • 「糖尿病看護経験の豊富な看護師が認識する初期2型糖尿病患者の特徴と教育の実際」(共著)(査読有),日本糖尿病教育・看護学会誌,17(1),5-12,2013.
  • 「慢性呼吸器疾患患者の呼吸器感染の認識についての検討」(単著)(査読有),日本感染看護学会誌,6(1),27-35,2010.
  • 「慢性呼吸器疾患患者における呼吸困難のマネジメント方略とADLの関連」(共著)(査読有),日本看護科学学会誌,30(1),14-24,2010.
  • 「臨地実習前のロールプレイイングによる慢性看護学演習の効果」(共著)(査読有),大阪府立大学看護学部紀要,13(1),43-50,2007.
  • 「在宅酸素療法を予期したCOPD患者の感情」(共著)(査読有),日本呼吸管理学会,15(4),635-640,2006.

科学研究費助成事業

  • 「笑いケア体操プログラム活用による過疎地域高齢者への支援モデルの構築」,(挑戦的萌芽)(研究代表者),平成27年~平成29年度
  • 「慢性呼吸器疾患患者への笑いのリラクセーションプログラム評価」, (基盤C)(研究代表者), 平成22年~平成25年度
  • 「糖尿病診断後早期の患者のための学習支援教材の開発」,(基盤C)(研究分担者),平成21年~22年度
  • 「糖尿病患者への早期看護介入による学習支援プログラムの構築」,(基盤C)(研究分担者),平成18年~平成20年度
  • 「慢性閉塞性肺疾患患者への早期看護介入による療養支援プログラムの構築」,(基盤C)(研究代表者),平成17年~平成20年度

学会発表

  • 「息切れのある慢性呼吸器疾患患者が医療者に求める支援ニーズ」(共同),第11回日本慢性看護学会学術集会, 佐久市, 2017.
  • 「慢性呼吸器疾患患者の息切れに対するコントロール感尺度における配置不変性の検討マネジメント法の実態」(共同),第11回日本慢性看護学会学術集会, 佐久市, 2017.
  • 「慢性呼吸器疾患患者の吸入薬に関するアドヒアランスの実態」(共同),第27回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会, 仙台市, 2017.
  • 「間質性肺炎患者における息切れマネジメント法の特徴」(共同),第37回日本看護科学学会学術集会, 仙台市, 2017.
  • 「慢性呼吸器疾患患者が行う息切れに対するマネジメント法の実態」(共同),第25回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会, 東京, 2016.
  • 「在宅酸素療法・非侵襲的陽圧換気療法を行う慢性呼吸器疾患患者の息切れマネジメント法の実態」(共同), 第36回日本看護科学学会学術集会, 横浜市, 2016.
  • 「外来呼吸リハビリテーションにおける「笑いヨガ」の効果」(共同),第25回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会,東京,2015.
  • 「学生の実習への取り組みに関する自己決定内容の質的検討」(共同), 第35回日本看護科学学会学術集会, 広島市, 2015.