教員紹介

御田村 相模(みたむら さがみ)/准教授

「看護学部」 御田村 相模 准教授

学位 修士(教育学)
担当科目 在宅看護概論/看護研究/在宅看護論実習/早期看護体験実習
研究テーマ 在宅看護教育カリキュラム開発

研究業績

論文

  • 査読有 内藤恭子.御田村相模.「在宅看護論実習に関する研究動向―科目新設年から20年間の文献検討より」.第49回日本看護学会論文集―看護教育.2019
  • 査読有 御田村相模,内藤恭子.「ロールプレイ演習は看護実践能力育成の教育支援となったか. 第47回日本看護学会論文集(看護教育).63-66.2017
  • 御田村相模,尾﨑八代,鈴木岸子,内藤恭子.A Report on the 6th International Conferenceon CommunityHealth Nursing Research第6回国際地域看護学会の報告.朝日大学保健医療学部紀要,第2号,3-6.2016
  • 査読有 御田村相模,内藤恭子.「在宅看護実習における学生のアセスメント力支援の方法を検討する-日常生活援助技術経験率から―」.第46回日本看護学会論文集看護教育,27-30.2016

学会報告

  • 御田村相模.内藤恭子.在宅看護領域におけるロールプレイ演習を振り返る-演者の視点と学びに着目して.第6回日本在宅看護学会.武蔵野市. 2016.11.
  • 御田村相模,相撲佐希子.唾液アミラーゼ活性測定は学生の精神的なセルフケアの指標として役立つか―GHQ12の調査と対比してー.第54回全国大学保健管理研究集会.大阪.2016.10.5~6.
  • Kishiko Suzuki, Koji Tamakoshi,Yayo Ozaki, Kyoko Naitou, Sagami Mitamura.Hisataka Sakakibara.Lifestyle and caregiving-related factors associated with stiffness and pain in the neck, shoulder, or back in Japanese female caregivers. The 3rd KJ-JCCHN.Busan.Korea.2016.7.1~3.
  • Naitou kyouko,Mitamura Sagami.Role-playing to prepare for home-visit nursing care Student interests and learning-.The 14th Annual Hawaii International Conference on Education.Hawaii.2016.1.4~6.
  • Mitamura Sagami,Naitou kyouko.Effectiveness of holding student group conferences with process records made by trainees during home healthcare field work.The 14th Annual Hawaii international Conference on Education.Hawaii.2016.1.4~6.

連絡先

E-mail : mitamura@gku.ac.jp