教員紹介

杉原 健一(すぎはら けんいち)/教授

「経営学部」 杉原 健一 教授

学位 博士(工学)
担当科目 (院)コンピュータグラフィックス演習Ⅰ・Ⅱ/(院)コンピュータグラフィックス研究Ⅰ・Ⅱ/アルゴリズムとデータ構造/コンピュータシステム/コンピュータ科学基礎/システム開発論/プログラミングⅠA・ⅠB/演習Ⅲ/基礎演習
研究テーマ 情報科学/GIS(地理情報システム)/CG(コンピュータ・グラフィックス)/情報処理教育/3Dモデルによるまちづくり/3Dモデルによる古代建物の復元

研究業績

博士論文

  • 都市計画を支援する3次元都市モデル自動生成システムとその活用(名古屋大学、2001年度)

査読付き学会論文

  • 杉原健一:ワープロ学習支援ツールの開発、CAI学会会誌、VOL.11 NO.4冬号、pp.207-214 1995.1
  • 杉浦美佐子、小林純子、杉原健一、他3名:看護基礎教育の教授方略と看護過程教育支援システムの構成、教育システム情報学会誌、Vol.16 、No.4、冬号、pp.217-226、1999.1
  • ハンマード・アミン、杉原健一、松本直司、若山滋、林良嗣:都市景観評価における合意形成のためのGIS、CG及びWWWの統合、土木学会 土木情報システム論文集 Vol.8、pp.215-222、1999.10
  • 杉原健一、ハンマード・アミン、林良嗣:GISとCGの統合化システムによる都市の3次元モデルの自動生成とその活用、土木学会 土木情報システム論文集 Vol.9、pp.41-48、2000.10
  • 杉原健一、ハンマード・アミン、林良嗣:GISベースの3次元都市モデルの自動生成システムとその活用、日本都市計画学会 都市計画論文集 No.35、pp.1117-1122、2000.10
  • 杉原健一、林良嗣:3次元建物概形モデルの自動生成、Visual ComputingグラフィックスとCAD合同シンポジウム2001、画像電子学会、情報処理学会 pp.151-156, 2001.6
  • Kenichi Sugihara, Yoshitugu Hayashi:”GIS and CG Integrated System for Automatic Generation of 3-D Urban Models”, Journal of Civil Engineering Information Processing System(土木情報システム論文集)、Vol.10, pp249-256, 2001.10
  • 杉原健一:社会環境としての3次元空間データ基盤の構築とその活用、情報システムと社会環境シンポジウム論文集、IPSJ Symposium Series Vol.2002,No.1、情報処理学会、pp.41-48、2002.1
  • Kenichi Sugihara, Yoshitugu Hayashi:”CG and GIS Integrated System for Generating Building Models”, International Conference on Information Technology and Applications (ICITA2002) supported by the IEEE NSW Section, 2002/11/25 
  • Kenichi Sugihara : “GIS-based Automatic Generation of 3-D Building Model From Building Polygons Filtered”, Proceedings of the IASTED International Conference on Environmental Modeling and Simulation, IASTED, pp.133-138, November 22-24, 2004
  • 杉原健一:GISとCGの統合化による3次元水辺空間モデルの自動生成、The Journal of Three Dimensional Images 「3D映像」、Vol.18 No.4 (通巻71号) pp.50-53、2004.12.2
  • Kenichi SUGIHARA and Yoshitugu HAYASHI:“GIS-based automatic generation of 3-D building models from building polygons filtered”, 地理情報システム学会誌 “GIS-理論と応用” No.2 Vol.12, pp.187-195, 2004/12
  • 杉原健一、林良嗣:GIS上の水路中心線からの3次元水路モデルの自動生成、土木学会 情報利用技術委員会 2005年度土木情報利用技術論文集 査読付き論文、Vol.14、pp.25-32、2005.10
  • Kenichi Sugihara : “Automatic Generation System of 3-D Urban Models for Urban Planning and Disaster Prevention”, Proceedings of International Symposium On Urban Planning 2006 (日本都市計画学会、国際委員会主催), Taipei, Taiwan, pp.176-185, August 18-21, 2006
  • 杉原健一、林良嗣:“3次元建物モデルの自動生成のための一般化建物ポリゴン分割法”、土木学会 情報利用技術委員会 2006年度土木情報利用技術論文集 査読付き論文、Vol.15、pp.67-74、2006.10
  • 杉原健一:“一般化建物ポリゴン分割に基づく3次元建物モデルの自動生成”、画像電子学会、情報処理学会、Visual Computing / グラフィクスとCAD合同シンポジウム2007予稿集、査読付き論文、pp.275-280、2007.6
  • 杉原 健一、木村 寛之((株)イビソク):“自動生成システムによる古代の建物の復元 -美濃国分寺を復元する3次元モデルの自動生成-”、日本情報考古学会 講演論文集(第24回大会)、査読付き論文、Vol.4(通巻24号)、pp.31-38、2007.9  **** 日本情報考古学会の「堅田賞」受賞論文
  • 杉原 健一、林 良嗣:“Generalized Building Polygon Partitioning for Automatic Generation of 3-D Building Models”、土木学会 情報利用技術委員会 2007年度Journal of Civil Engineering Information Processing System(土木情報システム論文集)
  • 杉原健一、林良嗣: “様々な形態の屋根付き3次元建物モデルの自動生成”、土木学会 情報利用技術委員会 2008年度土木情報利用技術論文集 査読付き論文、Vol.17、pp.153-160、2008.10
  • K.Sugihara, Y.Hayashi:“Automatic Generation of 3-D Building Models with Multiple Roofs”, Journal: Tsinghua Science & Technology(清華大學(中国)のジャーナルに採録), vol. 13, pp. 368-374, DOI: 10.1016/S1007-0214(08)70176-7
  • 杉原健一: “電子地図上の多重建物境界線からの3次元建物モデルの自動生成”、画像電子学会、情報処理学会、Visual Computing / グラフィクスとCAD合同シンポジウム2009予稿集、査読付き論文、pp.275-280、2009.6
  • Kenichi SUGIHARA: “Automatic Generation of 3D Building Models with Various Shapes of Roofs”, ACM SIGGRAPH ASIA 2009, Sketches, Visualization, 16-19 DEC, 2009. DOI: 10.1145/1667146.1667181
  • 杉原健一、周 欣欣、村瀬 孝宏: “建物の3Dモデル自動生成のための多重建物ポリゴン処理”、土木学会 情報利用技術委員会 2010年度土木情報利用技術論文集 査読付き論文、Vol.19、pp.221-226、2010.10
  • Kenichi Sugihara, Xinxin Zhou, Takahiro Murase:“Automatic generation of 3D building models from orthogonal building footprint”, Proceedings of SPIE, IS&T/SPIE Electronic Imaging, 3D Imaging, Interaction, and Measurement, Vol.7864, pp.78640 T1 - T9, doi:10.1117/12.872133, January 2011
  • 杉原健一, 村瀬孝宏, 周欣欣: "Straight skeleton手法による非直角建物ポリゴンに基づく3D建物モデルの自動生成", Visual Computing / グラフィクスと CAD合同シンポジウム 2011, 査読付き,DVD-ROM収録 4 page, 2011.6.25-26
  • 杉原健一,周欣欣,木村寛之,村瀬孝宏:"発掘調査地図に基づく古代建築物の3Dモデルの自動生成システム", Visual Computing / グラフィクスと CAD合同シンポジウム 2011, 査読付き,DVD-ROM収録 4 page, 2011.6.25-26
  • Kenichi SUGIHARA: “Automatic Generation of 3-D Building Models by Straight Skeleton”, ACM SIGGRAPH ASIA 2011, Technical Sketches, Visualization, Proceeding SA '11 SIGGRAPH Asia 2011 Sketches Article No. 24、DVD-ROM収録 2 page, doi>10.1145/2077378.2077408 12-15 DEC, 2011.
  • Kenichi Sugihara: “Knowledge-based automatic generation of 3D building models from building footprint by straight skeleton computation”, International Journal of Knowledge and Web Intelligence (IJKWI) 2012 - Vol. 3, No.4 pp. 361 – 371, DOI: 10.1504/IJKWI.2012.051319
  • 沈 振江,陳 哲源,川上 光彦,杉原 健一: “建築形態規制に基づく建築物モデルと屋上の太陽光発電ポテンシャルの学習支援ツールの開発”, 日本建築学会 情報システム利用技術シンポジウム 論文集,Vol.35, 2012
  • Kenichi Sugihara and Junne Kikata: “Automatic Generation of 3D Building Models from Complicated Building Polygons”, Journal of Computing in Civil Engineering, ASCE (American Society of Civil Engineers), **** アメリカ土木学会 **** DOI: 10.1061/(ASCE)CP.1943-5487.0000192, September 2013
  • Zhenjiang Shen, Zhenhan Lei, Xuefei Li and Kenichi Sugihara (2013). “Design Coordination Regarding Urban Design Guidelines Using Google Earth”, International Review for Spatial Planning and Sustainable Development, Vol.1(3), 53-68
  • Kenichi Sugihara: “Straight Skeleton for Automatic Generation of 3-D Building Models with General Shaped Roofs”, Communication papers proceedings of WSCG'2013 - 21st International Conference on Computer Graphics, Visualization and Computer Vision 2013, pp. 175 – 183, ISBN 978-80-86943-75-6
  • ZJ. SHEN, Y. MA, K. SUGIHARA, S. LEI and E. SHI. (2014): “Technical possibilities of Cloud-based Virtual Reality implementing Software as a Service for Online Collaboration in Urban Planning”, Int'l J. of Communications, Network and System Sciences, 2014, in press
  • Kenichi Sugihara, Xinxin Zhou, Takahiro Murase:“Automatic Generation of 3D Building Models by Rectification of Building Polygons”, The 2nd International Conferences on Computer Graphics, Visualization, Computer Vision, and Game Technology (VisioGame 2014),ISSN:1743-3517,査読付き,pp. 75 – 83, Nov 29, 2014 - Nov 30, 2014
  • 杉原健一、沈 振江:“太陽光発電に適した3次元建物モデルの自動生成とその活用事例”、日本建築学会 第37回 情報・システム・利用・技術 シンポジウム 査読付き,DVD-ROM収録 6 page, 2014.12.11-12
  • 杉原健一、沈 振江:“電子地図上の建物ポリゴンの整形による3次元建物モデルの自動生成”、日本建築学会 第38回 情報・システム・利用・技術 シンポジウム 査読付き,DVD-ROM収録 6 page, 2015.12.10-11, www.aij.or.jp/jpn/symposium/2015/151210-11.pdf
  • K. Sugihara; T. Murase; X. Zhou: “Automatic Generation of 3D Building Models from Building Polygons on Digital Maps”, International Conference on 3D Imaging (IC3D), International Conference on Year: 2015 Pages: 1 - 9, DOI: 10.1109/IC3D.2015.7391817, IEEE Conference Publications
  • Kenichi Sugihara, Zhenjiang Shen: “Automatic generation of 3D house models with solar photovoltaic generation for smart city”, 2016 3rd MEC International Conference on Big Data and Smart City (ICBDSC) Pages:1-7, DOI: 10.1109/ICBDSC.2016.7460391, IEEE Conference Publications, Year: 2016
  • Kenichi Sugihara, Takahiro Murase: “POLYGON PARTITION AND SHAPE RECTIFICATION FOR AUTOMATIC GENERATION OF 3D BUILDING MODEL”, IEEE TENCON 2016, Oral Interactive Forum 847, Conference Publications, 23-25 November 2016, DOI: 10.1109/TENCON.2016.7848441
  • 杉原健一、沈 振江:“ストレートスケルトン手法による3次元地形モデルの自動生成とその活用”、日本建築学会 第39回 情報・システム・利用・技術 シンポジウム 査読付き,DVD-ROM収録 6 page, 2016.12.8-9
  • Nguyen Dinh Thanh, Shen Zhenjiang, Honda Kyohei, Sugihara Kenichi, Kobayashi Fumihiko, Nishino Tatsuya. “Going to Designated Main Accommodation Shelter in School District or The Nearest Shelter in The City - A Case Study of Kanazawa City”, Japan. Architecture Institute of Japan, the 39th Symposium of Information, System, Usage, and Technology (2016.12)
  • 杉原 健一, 村瀬 孝宏: “3次元建物モデルの自動生成のための建物境界線のポリゴン整形” 、土木学会論文集F3(土木情報学)Vol. 72 (2016) No. 2 p. I_167-I_174 DOI: http://doi.org/10.2208/jscejcei.72.I_167
  • 沈 振江, 李 苗裔, 刘 卓, 杉原健一, 小林史彦, 西野辰哉, “The Simulation of Demand Side Energy Consumption for Households Based on the Agent-Based Modeling”, 日本建築学会 第39回情報システム利用技術シンポジウム論文集 (2016.12)
  • Nguyen Dinh Thanh, Zhenjiang Shen, Sugihara Kenichi. (2017) "A comparative research on going to main accommodation shelter in school district or the nearest shelter in the city – A case study of Kanazawa City, Japan". Disaster Advances, 10(8), 21-30. Cite score: 0.20
  • Sugihara, Kenichi, and Zhenjiang Shen. "Automatic Generation of 3D Building Models with Efficient Solar Photovoltaic Generation", International Review for Spatial Planning and Sustainable Development Vol. 5 (2017), No. 1 Special Issue on BIM and VR Technology, p.4-14: DOI: http://doi.org/10.14246/irspsd.5.1_4
  • Kenichi Sugihara, Takahiro Murase: “Automatic Generation of a 3D Terrain Model from Key Contours”, General Track (Full Papers) of 2017 International Conference on CYBERWORLDS University of Chester, UK, 20-22nd September, 2017, In cooperation with the Eurographics Association and the International Federation for Information Processing (IFIP)
  • 杉原健一、沈 振江:“拡張したstraight skeleton手法による屋根の自動生成”、日本建築学会 第40回 情報・システム・利用・技術 シンポジウム 査読付き,DVD-ROM収録 6 page, 2017.12.14-15
  • Puteri Fitriaty, Zhenjiang Shen, and Kenichi Sugihara. (2018) “How green is your smart house: Looking back to original concept of smart house”, in Z.Shen, L. Huang, K. Pheng, J. Pai (Eds.), “Green City Planning and Practice in Asian Cities”, Springer, 39-77. ISBN 978-3-319-70025-0 DOI:https://doi.org/10.1007/978-3-319-70025-0_3
  • Kenichi Sugihara, Youry Khmelevsky: “Roof Report from Automatically Generated 3D Building Models By Straight Skeleton Computation”, 2018 Annual IEEE International Systems Conference (SysCon), Conference Publications, 23-26 April 2018 DOI: 10.1109/SYSCON.2018.8369554
  • 杉原健一、沈 振江:“四角形の方向性を考慮したポリゴン分割・整形による建物の自動生成”、日本建築学会 第41回 情報・システム・利用・技術 シンポジウム 査読付き,DVD-ROM収録 6 page, 2018.12.6-7

国際会議論文

  • A.Hammad, K.Sugihara, N.Matsumoto, S.Wakayama, Y.Hayashi: “Integrating GIS,CG and the WWW for Facilitating Public Involvement in Urban Landscape Evaluation”, CUPUM(Computers in Urban Planning and Urban Management) Proceedings of the 6th International Conference, Venice, 1999.9.
  • K.Sugihara, A.Hammad, Y.Hayashi: “GIS based System for Generating 3D Virtual City and Evaluating the Land Use System and Construction Regulations”, Presented at URISA (Urban & Regional Information Systems Association) 2000 Annual Conference Proceedings, Orlando FL, 2000.8
  • A.Hammad, K.Sugihara, Y.Hayashi: “A Systematic Approach for Building Large Scale Distributed Urban Visualization Models”, Presented at URISA (Urban & Regional Information Systems Association) 2000 Annual Conference Proceedings, Orlando FL, 2000.8
  • K.Sugihara, K.Sasaki, et al: “Automatic Generation System of 3D-CG City Model and its Application for the Improvement of Regional Welfare”, VSMM国際会議 2000 岐阜
  • International Conference on Virtual Systems and MultiMedia 2000 in Gifu, 2000.9
  • K.Sugihara, Y.Hayashi: “Automatic Generation System for 3-D Primitive Building Model”, Asia GIS 2001, Institute of Industrial Science, University of Tokyo, 2001.6
  • K.Sugihara, Y.Hayashi: “GIS Based Automatic Generation System of 3-D Urban Models (3-D Spatial Data Infrastructure) and its Application”, CUPUM, Proceedings of 7th International Conference, University of Hawaii at Manoa, July 18-21, 2001.7
  • K.Sugihara, Y.Hayashi: “Automatic Generation System for Primitive Building Models by the Integration of CG and GIS”, Presented at URISA, IAAO (International Association of Assessing Officers) The 7th Annual Integrating GIS&CAMA 2003 Conference, Columbus OHIO, 2003.3
  • K.Sugihara, Y.Hayashi: “3-D Urban Model by Automatic Generation and its Application”, CUPUM (Computers in Urban Planning and Urban Management) Proceedings of the 8th International Conference, Tohoku University Japan, 27-29 May, 2003.5
  • K.Sugihara, Y.Hayashi: “Semi-Automatic Generation of 3-D Building Model by the Integration of CG and GIS”, International Geoscience and Remote Sensing Symposium (IGARSS’03), Toulouse France, 21-25 July 2003
  • N.Kachi, K.Sugihara, I.Sugiyama, Y.Yasue, H.Kato, Y.Hayashi: “An Evaluation Method of Quality of Life in Urban Areas Combining Method of Measuring Satisfaction and Dramatizing Method”, Presented at 10th World Conference on Transport Research, Istanbul, 2004.7
  • K.Sugihara, Y.Hayashi: “3-D Building Model Automatically Generated from Building Contour Partitioned”, CUPUM(Computers in Urban Planning and Urban Management) Proceedings of the 9th International Conference, University College London, 29 June-1 July, 2005.
  • K.Sugihara, Y.Hayashi: “Automatic Generation of 3-D Building Models From Building Polygons on GIS”, ICCCBE-XI (11th Joint International Conference on Computing and Decision Making in Civil and Building Engineering) Proceedings of the 11th ICCCBE, Montreal, Canada, June 14-16, 2006.
  • K.Sugihara, Y.Hayashi: “Automatic Generation of 3-D Building Models with Multiple Roofs from Building Polygons on a Digital Map”, IIEEJ Image Electronics and Visual Computing Workshop 2007, Nov 25-27, Cairns, Australia
  • K.Sugihara, Y.Hayashi: “GIS and CG Integrated System for Automatic Generation of 3-D Building Models based on a Digital Map”, Virtual Geographic Environments Conference, An International Conference on Developments in Visualization and Virtual Environments in Geographic Information Science, 7-8 January 2008, The Chinese University of Hong Kong
  • Kenichi.Sugihara: “A GIS and CG Integrated System for Automatic Generation of 3-D Building Models”, The Seventh International Conference on ASIA GIS 2008, Busna, Korea 26-27 September 2008
  • K.Sugihara, Y.Hayashi: “Automatic Generation of 3-D Building Models with Multiple Roofs”, 12th International conference on Computing in Civil and Building Engineering (ICCCBE-XII), Beijing, the People's Republic of China in October 2008
  • Kenichi Sugihara, Yan Liu: “Automatic Generation of 3-D Building Models Based on a Digital Map", NICOGRAPH International 2009 in Kanazawa, Japan 19-20 June
  • K.Sugihara, Y.Hayashi, Yan Liu: “Automatic Generation of Various Shapes of 3-D Building Models for Urban Planning”, CUPUM Proceedings of the 11th International Conference, Hong Kong, 16-18 JUNE 2009
  • K.Sugihara: “A GIS and CG Integrated System for the Automatic Generation of 3-D Building Models”, 3rd ICA (International Cartographic Association) Workshop on Geospatial Analysis and Modeling, Gävle Sweden, 6-7 Aug 2009
  • Kenichi Sugihara : “Automatic Generation of 3-D Ancient Building Models Based on a Digital Map”, 第22回CIPA国際シンポジウム The International Scientific Committee for Documentation of Cultural Heritage 京都 2009年10月11-15日
  • K.Sugihara, Y.Hayashi: “Automatic Generation of 3-D Building Models from Orthogonal Building Polygons”, In Computing in Civil and Building Engineering (ICCCBE XIII), Proceedings of the International Conference, 30 June-2 July, 2010, Nottingham University Press, Paper 64, p.127-133
  • Kenichi SUGIHARA, Zhenjiang SHEN: “Automatic Generation of 3-D Ancient Building Models by GIS and CG Integration”, Proceedings of Region 4th UIA 2010 International Symposium on the Conservation of Architectural Heritage, pp.218-223
  • Kenichi SUGIHARA, Zhenjiang SHEN: “Automatic Generation of 3D Building Models for Urban Planning”, Proceedings of International Conference 2011 on Spatial Planning and Sustainable Development, July 29-31 2011, Kanazawa University, DVD-ROM収録
  • Kenichi SUGIHARA: “Automatic Generation of 3D City Models”, 7th International Symposium on Digital Earth: the Urban Environment, 23-25 August 2011, , USB収録 9 page
  • Kenichi Sugihara, Xinxin Zhou, Takahiro Murase:“Knowledge-based system for automatic 3D building generation from building footprint”, Proceedings of 5th International Conference on Intelligent Interactive Multimedia Systems and Services (KES IIMSS 2012), Gifu, Japan, 23-25 May 2012, pp.363-373, DOI10.1007/978-3-642-29934-6_35
  • Kenichi SUGIHARA, Zhenjiang SHEN: “Automatic Generation of 3D Building Models by Straight Skeleton Computation”, Proceedings of the 12th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality (CONVR 2012) :National Taiwan University, Taipei, Taiwan November 1-2,2012, DVD-ROM収録
  • K.Sugihara, Zhenjiang SHEN: “Automatic Generation of 3D Building Models with General Shaped Roofs by Straight Skeleton Computation”, CUPUM Proceedings of the 13th International Conference, Utrecht University, The Netherlands, July 2-5, 2013, DVD-ROM収録
  • Zhenjiang Shen, Zhenhan Lei, Kenichi Sugihara, Yasuha Mizukami, Sayaka YAMAMOTO and Yan Ma.(2013.7):“Planning Learning for Stakeholders to Consider Residential Environment Improvement in Densely Built-up Area using 3DVIR”, Proc. of the 13th Conference on Computers in Urban Planning and Urban Management Conference, in CD-ROM, (CUPUM2013, Utrech, the Netherlands)
  • K.Sugihara, Zhenjiang SHEN: “Automatic Generation of 3D Building Models with General Shaped Roofs for Sustainable Development”, GBMCE 2013 Proceedings, The 3rd International Conference on Green Building, Materials and Civil Engineering, Taiwan, August 22-23, 2013
  • K.Sugihara, Zhenjiang SHEN: “Automatic Generation of 3D Building Models for Sustainable Development”, SPSD 2013 Tsinghua University, Beijing, 30 Aug.-01 Sept. 2013, DVD-ROM収録
  • Kenichi Sugihara, Xinxin Zhou and Zhenjiang Shen: “Automatic Generation of 3D Building Models by Building Polygon Rectification”, GIS Association of Japan, International Session(2) Nov. 7-8, 2014, DVD-ROM収録
  • K.Sugihara, Xinxin Zhou, Zhenjiang Shen: “Automatic Generation of 3D Building Models for Sustainable Development”, 5th Digital Earth Summit, International Digital Earth Applied Science Research Center (IDEAS), Nov. 9-11, 2014
  • K.Sugihara, Zhenjiang SHEN: “Automatic Generation of 3D Building Models by Building Polygons Orthogonalization”, Proceedings of the IADIS International Conference Computer Graphics, Visualization, Computer Vision and Image Processing (CGVCVIP 2015), Las Palmas de Gran Canaria, Spain 22 - 24 July 2015
  • K.Sugihara, Zhenjiang SHEN: “Automatic Generation of 3D Buildings Models with Efficient Solar Photovoltaic Generation”, Proceedings of International conference 2015 for spatial planning and sustainable development (SPSD 2015) ISBN: 978-4-9905800-2-5, Aug. 7-9, 2015, 国立台北科技大学, TAIPEI
  • Zhenjiang SHEN, Zheyuang CHEN, Kenichi SUGIHARA, Hangyu CHEN: “A Learning Support Tool for Building Modeling Based on Building Form Regulations and Solar Energy Generation Potential on Roof”, Proceedings of Workshop on Urban Planning and Management Sustainable Big Data and application for urban planning, Feb. 16-17 2016, WUPM2016, 金沢21世紀美術館, Kanazawa
  • Kenichi SUGIHARA, Zhenjiang SHEN: “Automatic Generation of 3D Buildings Models with Efficient Solar Photovoltaic Generation”, Proceedings of Workshop on Urban Planning and Management Sustainable Big Data and application for urban planning, Feb. 16-17 2016, WUPM2016, 金沢21世紀美術館, Kanazawa
  • K.Sugihara, Zhenjiang SHEN: “Automatic Generation of 3D Town Model for Efficient Solar Photovoltaic Generation”, 16th International Conference on Computing in Civil and Building Engineering (ICCCBE 2016), Proceedings of the International Conference, Osaka International Convention Center, Paper 006, 6 July-8 July, 2016
  • Kenichi SUGIHARA, Zhenjiang SHEN: “Automatic Generation of 3D Town Model for Efficient Solar Photovoltaic Generation”, ETIC/RSET/SPSD Symposium 2016,Spatial Planning for Disaster Prevention and Sustainable Development, December 5-7, 2016, Kanazawa University
  • Kenichi SUGIHARA, Takahiro MURASE: “Building Polygon Rectification for Automatic Generation of 3d Building Models”, 16th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality (CONVR 2016), 11-13 December 2016, Hong Kong, DVD-ROM収録
  • Puteri FITRIATY, Zhenjiang SHEN, Kenichi SUGIHARA, Fumihiko KOBAYASHI, Tatsuya NISHINO. “Predicting Energy Generation Prospective of Residential Building Attached Photovoltaic in Tropical Area by 3D BIM Revit, Case Study Palu City Indonesia”, 2017 Workshop on Urban Planning and Management, 2017. Feb. 18-19, Tokyo
  • Hangyu CHE, Zhenjiang SHEN, Kenichi SUGIHARA, Tatsuya NISHINO, Fumihiko KOBAYASHI. “Preliminary Study on A Planning Support Tool for Energy Simulation of Smart House Based on CityEngine - A Case Study in Toyota City”, 2017 Workshop on Urban Planning and Management, 2017. Feb. 18-19, Tokyo
  • Kenichi Sugihara, Youry Khmelevsky, Martin Wallace, Frank Zhang. “ESRI CityEngine Evaluation for Automatic Generation of 3D Models”, Earth Observation Summit 2017 (CSRS2017), Universite du Quebec a Montreal (UQAM) science centre (accepted)
  • Kenichi Sugihara, Youry Khmelevsky, Frank Zhang, Martin Wallace. “Hail drop and debris flow simulation with automatically generated 3D models”, Earth Observation Summit 2017 (CSRS2017), Universite du Quebec a Montreal (UQAM) science centre (accepted)
  • Kenichi Sugihara, Youry Khmelevsky, Frank Zhang, Martin Wallace, “Roof Damage Assessment from Automated 3D Building Models”, Earth Observation Summit 2017 (CSRS2017), Universite du Quebec a Montreal (UQAM) science centre (accepted)
  • Youry Khmelevsky, Ken Chidlow, Kenichi Sugihara and Kongwen Zhang. “Engaging and Motivating Students Through Programming Competitions and GIS Applied Research Projects (Abstract)”. In Proceedings of the 22nd Western Canadian Conference on Computing Education (WCCCE '17). ACM, New York, NY, USA, May 5-6, 2017 (in print)
  • Puteri Fitriaty, Zhenjiang SHEN, Kenichi SUGIHARA, Fumihiko KOBAYASHI, Tatsuya NISHINO. (2017) “3D Insolation Colour Rendering Analysis for Photovoltaic Optimal Location in Equatorial Residential Building”. Proceeding of 2017 Workshop on Urban Planning and Management “Planning and Environmental Management” (WUPM 2017, Tokyo), Paper no.7.
  • Hangyu CHE, Zhenjiang SHEN, Kenichi SUGIHARA, Tatsuya NISHINO, Fumihiko KOBAYASHI. (2017). Preliminary Study on a Planning Support Tool for Energy Simulation of Smart House Based on CityEngine - A Case Study in Toyota City. Proceeding of 2017 Workshop on Urban Planning and Management “Planning and Environmental Management”(WUPM 2017, Tokyo), Paper No.3.
  • Kenichi Sugihara, Takahiro Murase: “Automatic Generation of a 3D Terrain Model by Straight Skeleton Computation”, The 2017 issue of the International Conference on Computer Graphics and Digital Image Processing (CGDIP 2017). Prague Czech, July 2-4, 2017
  • Kenichi Sugihara, Takahiro Murase and Zhenjiang Shen: “Automatic generation of 3D models for mass granular flow simulation”, 2017 International Conference on Spatial Planning and Sustainable Development (SPSD 2017), Seoul
  • Kenichi SUGIHARA, Zhenjiang SHEN: “Automatic Generation of 3D Building Models from Building Polygons for BIM (Building Information Model)”, International Symposium of Environment/Eco-technology and policy in East Asian, ETIC/RSET/SPSD Symposium 2018, Kanazawa: https://ecokanazawa-u.jimdo.com/symposium-2018/invited-speakers/prof-sugihara/
  • Kenichi Sugihara, Takahiro Murase: “Building Polygon Rectification for Automated 3D Building Models”, IEEE International Conference on Signal Processing Proceedings (ICSP), pp.1065, Aug. 12-16 2018, Beijing, China DOI:10.1109/ICSP.2018.8652494
  • Takahiro Murase, Kenichi Sugihara: “Automatic Generation of 3D Building Models for Environmental Education by Straight Skeleton Computation”, IEEE International Conference on Signal Processing Proceedings (ICSP), pp.1040, Aug. 12-16 2018, Beijing, China DOI:10.1109/ICSP.2018.8652493
  • Kenichi SUGIHARA, Zhenjiang SHEN: “Automatic Generation of 3D Building Models for BIM”, International Symposium of Environment /Eco-technology and policy in East Asian, ETIC/RSET/SPSD Symposium 2019, https://ecokanazawa-u.jimdo.com/symposium-2019/guest-speakers/

学会論文(一般投稿)

  • 杉原健一:ワープロ指導用教材の開発、日本ワープロ学会会報 第2号、pp.18-30、1994.5
  • 杉原健一:ワープロ学習支援ツールの開発、電子情報通信学会 技術研究報告[教育工学]
  • ET94-29~44、1994.6
  • 杉原健一:情報処理教育における多変量解析の実践、CAI学会研究報告 Vol.94 第51回研究会、1996.1
  • 杉原健一:日本語タイプ練習ソフトの開発と実践、日本ワープロ学会会報 第3号、pp.17-26、 1995.5
  • 杉原健一:コンピュータ・アニメーションを活用したC言語教育、大垣女子短期大学研究紀要 第37号、1996.3
  • 杉原健一:ホームページ制作を取り入れた情報処理教育、情報処理教育研究集会講演論文集文部省主催、pp.756-758、1996.12
  • 杉原健一:情報教育におけるインターネットのホームページ制作、大垣女子短期大学研究紀要 第38号、pp.151-156、1997.3
  • 杉原健一:ホームページ制作を取り入れた芸術系学生向け情報処理教育、教育システム情報学会 第61回研究会、1997.3
  • 杉原健一:CGを生成するJAVAアプレットを利用した情報処理教育、教育工学関連学協会連合第5回全国大会講演論文集、pp.137-138、1997.9
  • 杉原健一:CG生成を利用するJava学習環境の構築、電子情報通信学会信学技報 ET97-63、pp.39-46、1997.10
  • 杉原健一:JAVAによる力学系シミュレーションの実現、教育システム情報学会第23会全国大会 1998.8
  • 杉原健一:JAVAによる力学系シミュレーション、岐阜経済大学論集第32巻 第2号、pp.149-161、1998.9
  • 杉原健一、松島桂樹:GISベースの多目的3次元仮想都市空間の構築、情報処理学会 第85回ヒューマンインターフェイス研究会 Vol.99 ,No.87 pp.7-12 1999.10 
  • 杉原健一、ハンマード・アミン、林良嗣:3次元土地利用シミュレータの開発、日本都市計画学会 第10回中部支部研究発表会論文・報告集 pp.13-16 1999.10
  • 杉原健一、松島桂樹:コミュニティにおける情報開示及び合意形成を図るGISベースの3次元仮想都市の構築、情報文化学会 第7回全国大会 講演予稿集 pp.75-78, 1999.10
  • ハンマード・アミン、杉原健一、林良嗣:3D-GIS及びインターネットを用いた都市景観評価の合意形成システム、土木計画学研究・講演集No.22(1)、pp.5-8, 1999.10
  • ハンマード・アミン、杉原健一、松本直司、若山滋、林良嗣:都市景観評価における合意形成のためのGIS、CG及びWWWの統合、日本ESRI/ERDASユーザ会 ‘99 pp.15-22、1999.11
  • 杉原健一:地理情報システムに基づく3次元仮想都市の構築の一手法、岐阜経済大学論集 第33巻 第3号 pp.157-179, 1999.12
  • 杉原健一:3次元建物モデルの自動生成システムとその活用、岐阜経済大学論集 第34巻第3号 2000.12
  • 杉原健一:建築・土木の都市計画科目のための3次元仮想都市シミュレータの開発、教育システム情報学会 マルチメディア教材研究部会 研究報告 Vol.99 No4 pp.46-51 , 1999.12
  • 杉原健一:まちづくり教育のための3次元都市モデルの自動生成とその活用、教育システム情報学会 マルチメディア教材研究部会 研究報告 Vol.2000 No1 pp.15-20, 2000.7
  • 杉原健一、ハンマード・アミン、林良嗣:景観設計のための3次元道路モデルの自動生成、第11回日本都市計画学会中部支部 研究発表会論文・報告集 pp.45-48,2000.10
  • 杉原健一:GISとCGの統合化による3次元街並み自動生成システム、日本ESRI/ERDASユーザ会2000 pp.9-14、2000.11
  • 林良嗣、杉原健一、加藤博和、吉岡美保:土地税制及び建築形態に関する法規制の効果分析のための都市景観シミュレータ、日本不動産学会平成12年度学術講演会梗概集16、pp.29-32、2000.11
  • 林良嗣、加藤博和、杉原健一、田中祥晃、吉岡美保:不動産税制による既存市街地の敷地統合促進に関するモデル分析と可視的評価システム、土木計画学研究・講演集No.23(2)、pp.475-478、2000.11
  • 杉原健一、林良嗣:仮想環境としての3次元道路モデルの自動生成、電子情報通信学会 信学技報(マルチメディア・仮想環境基礎研究会)、MVE 2001-147, pp13-18, 2002.3
  • 杉原健一:まちづくり教育のための3次元都市モデルの自動生成システム、教育システム情報学会(JSiSE), 第27回全国大会, pp.43-44, 2002.8
  • 杉原健一、林良嗣:GISを活用した3次元建物概形モデルの自動生成システム、地理情報システム学会 講演論文集、Vol.11, pp.91-94, 2002.10
  • 杉原健一:Virtual Cityの自動生成システムとその活用、教育システム情報学会(JSiSE), 第28回全国大会、pp.17-18、2003.8
  • 杉原健一、林良嗣:ノイズ辺を除去した建物境界線からの3次元建物モデル自動生成、地理情報システム学会 講演論文集、Vol.12、pp.497-500、2003.10
  • 杉原健一、齊田 征男、横井 英彦、林 良嗣:整形した建物ポリゴンからの3次元建物モデルの自動生成、第28回情報利用技術シンポジウム(旧土木情報システム)、pp.2-5、2003.10
  • 杉原健一:都市計画を支援する3次元都市モデル自動生成システム、区画整理 2004 2 [特集] 区画整理のIT技術最前線、社団法人 日本土地区画整理協会、pp.6-11、2004.2
  • 杉原健一:環境教育のための「水と緑の3次元都市モデル」をウォークスルーするデジタル教材の自動制作、教育システム情報学会(JSiSE), 第29回全国大会、2004.8
  • 杉原健一、林良嗣:河川中心線からの3次元川・堤防モデルの自動生成、地理情報システム学会 講演論文集、Vol.13、pp.289-292、2004.10
  • 杉原健一、林良嗣:水辺空間の3次元モデルの自動生成、都市計画学会 第15回日本都市計画学会中部支部研究発表会論文・報告集、pp.45-48、2004.10.29
  • 杉原健一:環境教育のデジタル教材となる3次元水路モデルの自動制作、教育システム情報学会(JSiSE), 第30回全国大会、pp.50-51、2005.8
  • 杉原健一:建物ポリゴン分割法による3次元建物モデル自動生成、FIT( Forum on Information Technology )2005、第4回情報科学技術フォーラム、一般講演論文集、pp.283-285、2005.9.8
  • 杉原健一:多様な断面を持つ3次元河川モデルの自動生成、地理情報システム学会 講演論文集、Vol.14、pp.533-538、2005.10
  • 杉原健一:まちづくり教育のためデジタル教材となる建物の3次元モデルの自動生成、教育システム情報学会(JSiSE), 第31回全国大会、2006.8
  • 杉原健一:建物境界線の一般化ポリゴン分割法に基づく3次元建物モデルの自動生成、FIT( Forum on Information Technology )2006、第5回情報科学技術フォーラム、一般講演論文集、pp.205-206、2006.9
  • 杉原健一:直角建物ポリゴンの一般化分割法による3次元建物モデルの自動生成、地理情報システム学会 講演論文集、Vol.15、pp.419-424、2006.10
  • 杉原健一:Ajaxを用いたGIS機能を持つ教育用ソフトウェアの開発、教育システム情報学会(JSiSE), 第32回全国大会講演論文集、2007.9
  • 杉原 健一、木村 寛之((株)イビソク):古代の建物を復元する3次元モデルの自動生成、FIT2007、第6回情報科学技術フォーラム、一般講演論文集 第3分冊、pp.261-262、2007.9
  • 杉原 健一、木村 寛之((株)イビソク):中世・古代の建築物を復元する3次元モデルの自動生成、電子情報通信学会 信学技報 MVE2007-39、pp.13-18、2007.10
  • 杉原健一、林良嗣:3次元建物モデルを用いる防災まちづくり支援システム、地理情報システム学会 講演論文集、Vol.16、pp.379-382、2007.10
  • 杉原健一、林良嗣:3次元都市モデルを活用する防災まちづくり支援システム、第32回情報利用技術シンポジウム、pp.2-5、2007.10
  • 杉原 健一:様々な形態の屋根付き建物モデルの自動生成、FIT2008、第7回情報科学技術フォーラム、講演論文集 第3分冊、pp.219-220、2008.9
  • 杉原健一:防災教育のための3次元ハザードマップの自動生成、教育システム情報学会(JSiSE), 第33回全国大会講演論文集、pp.342-343、2008.9
  • 杉原 健一:電子地図に基づくビルディングの自動生成、情報処理学会研究報告 2009-CG-134 グラフィックスとCAD、pp.49-54、2009.2
  • 杉原 健一:電子地図に基づく3次元建物モデルの自動生成、NICOGRAPH Spring Festival in TAF、NICOGRAPH 2009 春季大会 2009.3
  • 杉原健一:防災教育のためのリアリティのある3次元ハザードマップの自動生成、教育システム情報学会(JSiSE), 第34回全国大会講演論文集、pp.342-343、2009.8
  • 杉原健一、林良嗣:“3次元建物倒壊シミュレーションのための3次元ハザードマップの自動生成”、地理情報システム学会 講演論文集、Vol.16、pp.379-382、2009.10
  • 周 欣欣, 杉原 健一,村瀬 孝宏:“古代の建物の3Dモデルによる歴史教育を支援するシステムの開発”、教育システム情報学会(JSiSE), 第35回全国大会講演論文集、pp.75-76、2010.8 ‥‥‥ 学術奨励賞受賞(講演総数288件中8件)
  • 村瀬 孝宏,周 欣欣, 杉原 健一:“環境教育を支援するための建物や電信柱等の3Dモデル自動生成システム”、教育システム情報学会(JSiSE), 第35回全国大会講演論文集、pp.77-78、2010.8
  • 杉原健一、沈 振江:“GISベースの古代建築物の3Dモデルによる考古学、まちづくり支援システム”、地理情報システム学会 講演論文集、Vol.17、2010.10
  • 村瀬孝宏, 杉原健一, 周欣欣:“3Dモデルによる環境教育を支援するシステム”, 日本教育情報学会第27回年会論文集,査読無, pp.302-303, August,2011
  • 村瀬孝宏, 杉原健一, 周欣欣:“スマートグリッド等の環境3Dモデルによる教育支援システム”, 教育システム情報学第36回会全国大会論文集,pp. 430-431, August,2011
  • 周欣欣,杉原健一,木村寛之,村瀬孝宏: “発掘地図に基づく古代の建築物の3Dモデルの自動生成と歴史教育への応用”,教育システム情報学会 (JSiSE),第36回全国大会講演論文集, 査読無し,pp.210-211,2011.9.1
  • 杉原健一,村瀬孝宏,周欣欣:“防災教育のための街並みの3Dモデルの自動生成”,教育システム情報学会 (JSiSE),第36回全国大会講演論文集, 査読無し,pp.108-109,2011.9.1
  • 村瀬孝宏, 杉原健一, 周欣欣:“環境教育を支援する3次元建物モデル自動生成システムの開発”, 日本教育工学会第27回全国大会講演論文集,査読無,pp.509-510, September,2011
  • 村瀬孝宏, 杉原健一, 周欣欣:“環境教育を支援するための建物の3Dモデル自動生成システムの応用”, 情報文化学会第19回全国大会講演予稿集,査読無,pp.50-51, October,2011
  • 杉原健一、沈 振江:“防災まちづくりのための基盤地図に基づく3次元都市モデルの自動生成”、地理情報システム学会 講演論文集、Vol.18、2011.10、DVD-ROM収録 4 page
  • 杉原健一、沈 振江: “発掘調査地図に基づく古代建物の3Dモデルの自動生成”、土木情報利用技術講演集(旧:土木情報システムシンポジウム講演集) Vol.36、pp.87-90、2011.10
  • 杉原健一,村瀬孝宏,周欣欣:“自動生成する古代建物の3Dモデルによる歴史教育支援システムの開発 - Straight Skeleton手法による多角堂の3Dモデルの自動生成 -”,教育システム情報学会 (JSiSE),第37回全国大会講演論文集, 査読無し,CD-ROM収録 2 page,2012.8.22
  • 杉原健一、沈 振江: “Straight Skeleton手法による建物の3Dモデルの自動生成”、土木情報学シンポジウム講演集(旧:土木情報利用技術講演集) Vol.37、pp.131-134、2012.9
  • 杉原健一、沈 振江:“非直角建物ポリゴンに基づく古代建物等の3Dモデルの自動生成”、地理情報システム学会 講演論文集、Vol.21、2012.10、DVD-ROM収録 4 page
  • 杉原健一,沈振江,林良嗣: “計画プロセスの合意形成において利活用できる3次元都市モデルの自動生成”,土木計画学研究・講演集,第47回土木計画学研究発表会(春大会),CD-ROM,2013.6.
  • 杉原健一、沈 振江:“3次元建物モデルの自動生成システムで用いるStraight Skeleton手法”、地理情報システム学会 講演論文集、Vol.22、2013.10、4 page
  • 杉原健一,沈振江,林良嗣: “街区単位の環境政策の検討・評価に利活用する街区の3Dモデルの自動生成”,土木計画学研究・講演集,第49回土木計画学研究発表会(春大会),CD-ROM,2014.6.
  • 杉原健一、沈 振江:“持続可能な発展のための緑の3次元建物モデルの自動生成”、地理情報システム学会 講演論文集、Vol.23、2014.11、4 page
  • 杉原健一,沈振江,林良嗣:“レジリエントな国土・地域をデザインするための整備案の3Dモデルの自動生成”,土木計画学研究・講演集,第51回土木計画学研究発表会(春大会),2015.6. https://www.jsce.or.jp/committee/ip/conference/ip51/51program01.pdf
  • 杉原健一、村瀬 孝宏、沈 振江:“建物境界線の直角ポリゴン整形による3次元建物モデルの自動生成”、地理情報システム学会 講演論文集、Vol.24、2015.10、4 page http://rnavi.ndl.go.jp/mokuji_html/000009227440-0024.html
  • 周欣欣, 杉原健一, 村瀬孝宏: ”Kinectを利用した教育用体験型ARアプリの開発”, 映像情報メディア学会技術報告 Vol.40,No.11, pp.201-202, 東京工芸大学, 2016-3
  • 村瀬孝宏, 杉原健一, 周欣欣: “環境教育のための太陽光発電の最適化を目的とした3次元建物の自動生成” , 日本教育情報学会 年会論文集32, pp.278-279, 福山大学宮地茂記念館, 2016-8-20から21
  • 村瀬孝宏, 杉原健一, 周欣欣: ”再生可能エネルギーに適した街づくりのための3Dモデルを利用した環境教育”, 2016年日本教育工学会第32回全国大会講演論文集, pp.1003-1004, 大阪大学, 2016-9-17から19
  • 杉原健一、村瀬 孝宏: “3次元建物モデルの自動生成のための建物境界線の直角ポリゴン整形”、 第41回土木情報学シンポジウム講演集(旧:土木情報利用技術講演集) Vol.37、pp.131-134、土木学会講堂およびAB会議室(東京都・四谷)、2016.9.26-27, www.setsunan.ac.jp/civ/curriculum_topics/41program20160921.pdf
  • 村瀬孝宏, 杉原健一, 周欣欣: ”街区における再生可能エネルギーに適した建物の3Dモデルの自動生成”, 地理情報システム学会講演論文集Vol.25, CD収録4頁, 立正大学, 2016-10-15to 16, www.gisa-japan.org/news/file/2016_vol.2_program.pdf
  • 村瀬孝宏, 杉原健一, 周欣欣: ”環境共生型まちづくりのための3次元建物モデルの自動生成”, 情報文化学会第24回全国大会講演予稿集, pp.53-57, 東京大学, 2016-11-5
  • 杉原健一:“等高線の自動作図による防災まちづくりの整備案となる3次元地形モデルの自動生成”,日本災害情報学会,第18回学会大会 地域リスク,日本大学文理学部,2016.10.23.http://www.jasdis.gr.jp/_userdata/01gakkai_taikai/18kai/program-18.pdf
  • 杉原健一、村瀬 孝宏: “外周線からの地形モデルの自動生成とその活用”、 第42回土木情報学シンポジウム講演集(旧:土木情報利用技術講演集) CG/VR 、査読無、Vol.42, pp.59-62、2017.9.28-29  https://ndlonline.ndl.go.jp/#!/detail/R300000002-I028715867-00
  • 杉原健一、沈振江:“倒壊シミュレーションによる3次元ハザードマップの自動生成”、日本災害情報学会、査読無、第19回学会大会 情報技術(2)、京都大学防災研究所、2017.10.21. http://www.jasdis.gr.jp/_userdata/02yokoushu/19.pdf
  • 村瀬孝宏, 杉原健一: “GISとCGを統合化した3次元建物モデルの自動生成による環境教育支援システム”, 日本教育情報学会 年会論文集33, pp.212-213, 芦屋大学, 2017-8
  • 村瀬孝宏, 杉原健一: “自動生成による3次元都市モデルの環境教育への活用”, 2017年日本教育工学会第33回全国大会講演論文集, pp.957-958, 島根大学, 2017-9
  • 村瀬孝宏, 杉原健一: “ポリゴン縮小処理による3次元地形モデルの自動生成”, 地理情報システム学会講演論文集Vol.26, CD収録4頁, 宮城大学, 2017-10
  • 杉原健一、村瀬 孝宏: “改良したstraight skeleton手法による3次元屋根モデルの自動生成”、 第43回土木情報学シンポジウム講演集 CG/AR/VR、査読無、Vol.43, pp.205-208、2018-9

著書

  • 杉原健一:実践コンピュータリテラシー、杉山書店、1996.4
  • 岩崎公弥子、杉原健一、その他3名:よくわかる情報リテラシー入門、共立出版株式会社、2001.4
  • K.Sugihara & Y.Hayashi 他:“GIS and CG Integrated System for Automatic Generation of 3-D Building Models based on a Digital Map”, VGE(Virtual Geographic Environments), Edited by HUI LIN & MICHAEL BATTY, Science Press, pp.117-130, 著書(分担執筆、第9章) 2009
  • Kenichi Sugihara, Zhenjiang Shen: “Automatic Generation of Virtual 3D City Models for Urban Planning”, Geospatial Techniques in Urban Planning, Edited by Zhenjiang Shen, Advances in Geographic Information Science 2012, pp 265-283, DOI: 10.1007/978-3-642-13559-0_13, Springer 2012 Jan
  • 井上祥史、杉原健一、その他:MAPLE V QUICK REFERENCE 、オーム社、1997.9
  • 臼田昭司、杉原健一、その他:Linux2.0 カーネルブック、オーム社、1999.5

招待講演

  • (財)科学技術交流財団主催の“三次元地形景観データベース作成及び利用とGIS応用研究会”にて「都市計画を支援する3次元都市モデル自動生成システムとその活用」、2001.9
  • (財)名古屋産業科学研究所、中部都市再生研究会主催の第3回都市再生フォーラム、「3次元都市モデルの自動生成システムとその活用」2003.2
  • 総務省、文部科学省、農林水産省、国土交通省主催の平成16年度GISセミナー(第2回)にて、テーマ「都市計画等の支援ツールとしての3次元GIS」,2004.10.18
  • KSIC (Korea geoSpatial Information & Communication Co.,Ltd.)主催 2009 KSIC International Seminar にて、テーマ「Automatic Generation of Various Shapes of 3-D Building Models for Urban Planning」、April 9th 2009

シンポジウム

  • 地理情報システム学会中部シンポジウム、「GISとCGの統合化による3次元都市の自動生成」、2000.12
  • 国際シンポジウム(土木計画学ワンデーセミナー)土木学会土木計画学委員会、WCTRS(世界交通学会)交通土地利用分科会、(財)名古屋産業科学研究所合同主催、「土地利用及び建物政策の都市景観及びQOL向上効果評価のためのビジュアル化手法」、2001.7

研究会発表

  • 日本ESRI/ERDASユーザ会1999 「都市景観評価における合意形成のためのGIS、CG及びWWWの統合」、1999.11
  • 日本ESRI/ERDASユーザ会2000 「GISとCGの統合化による3次元街並み自動生成システム」、2000.11
  • ソフトピアジャパン共同研究成果報告会 -平成12年度の共同研究成果-、「大垣市の多目的3次元仮想都市空間の研究」、2001.6
  • 日本ESRI/ERDASユーザ会2001 「GISベースの3次元建物概形モデルの自動生成」、2001.11
  • (財)科学技術交流財団の第4回“街区マネージメント研究会”にて、テーマ「名城・柳原地区における都市再生案の自動生成 -自動的に作る3次元都市モデル-」、2005.2.8

リサーチポスター論文

  • Kenichi SUGIHARA : “Automatic Generation of 3-D Building Model from Divided Building Polygon”, ACM SIGGRAPH 2005, Posters Session, Geometry & Modeling NO.3, 31 JULY-4 AUG, 2005 (full text in CD Rom). DOI: 10.1145/1186954.1186958
  • Kenichi SUGIHARA: “Automatic Generation of 3-D Building Model from Building Polygon on GIS”、GRAPHITE 2005, 3rd International Conference on Computer Graphics and Interactive Techniques in Australasia and Southeast Asia, Posters Session, 28 NOV-2 DEC, 2005 .
  • Kenichi SUGIHARA : “Generalized Building Polygon Partitioning for Automatic Generation of 3-D Building Models”, Annual Conference on Computer Graphics - SIGGRAPH , pp. 150-es ACM SIGGRAPH 2006, Posters Session, Virtual/Augmented/Mixed Reality & Environments DOI: 10.1145/1179622.1179796
  • Kenichi SUGIHARA:Visualization of Multiple-Roofed 3-D Building Models from Digital Maps, IEEE Visualization 2007,Vis Posters, pp.42-43, Oct 28-Nov 1, 2007, Sacramento, California

科学研究費助成金による研究等

  • 基盤研究(C)(2)、研究課題「Web上の対話型国土景観評価システムの構築」にて研究代表者(研究費総額3,600千円)、1999~2000
  • 基盤研究(A)(2)、研究課題「都市空間の持続可能な社会ストック化の方法論に関する研究」にて研究分担者(研究費総額48,100千円)、2001~2004
  • 基盤研究(C)(2)、研究課題「CGとGISの統合化による3次元都市モデル(空間データ基盤)の自動生成とその活用」にて研究代表者(研究費総額3,100千円)、 2001~2002
  • 基盤研究(C)(2)、研究課題「GISとコンピュータビジョンの統合化による3次元都市モデルの自動生成とその活用」にて研究代表者(研究費総額3,600千円)、2004~2005
  • 基盤研究(A)(1)、研究課題「人口減少・少子高齢化時代における地方都市の双対型都市戦略に関する研究~郊外からの計画的撤退と中心市街地の再構築~」にて研究分担者(配分額2,000千円)、2004~2006
  • 基盤研究(C)(2)、研究課題「3次元都市モデルを活用する防災まちづくり支援システムの開発」にて研究代表者(研究費総額3,400千円)、2007~2009
  • 基盤研究(C)(2)、研究課題「Webベースの遺跡等の3Dモデルを自動生成する考古学、まちづくり支援システム」にて研究代表者(研究費総額3,400千円)、2010~2012
  • 基盤研究(B)(2)、研究課題「中国における低炭素都市づくりに向けての計画制度システムの現状と課題」、研究分担者(配分額1,500千円)、2011~2013
  • 日本学術振興会の平成25年度ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~ KAKENHI(研究成果の社会還元・普及事業)の実施プログラム採択。整理番号:HT25137-1、 プログラム名:「かつてあった古代の建物を3次元コンピュータ・グラフィックスで復元してみよう」
  • 基盤研究(C)(2)、研究課題「都市計画規制の影響を考慮した緑の建築と省エネルギーの効果を検証するVRツール」にて研究分担者(研究費総額3,400千円)、2015~2017
  • 基盤研究(C)(2)、研究課題「安全地区へ集団移転等の整備案の3Dモデルを自動生成する防災まちづくり支援システム」にて研究代表者(研究費総額3,400千円)、2015~2017
  • 日本学術振興会の平成27年度ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~ KAKENHI(研究成果の社会還元・普及事業)の実施プログラム採択。整理番号:HT27187、 プログラム名:「自分たちの街に起こりうる大災害を3次元コンピューターグラフィックスでシミュレーションしてみよう」
  • 日本学術振興会の平成28年度ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~ KAKENHI(研究成果の社会還元・普及事業)の実施プログラム採択。整理番号:HT28194、 プログラム名:「せまりくる大災害を3次元コンピューターグラフィックスでシミュレーションしてみよう」
  • 基盤研究(C)(2)、研究課題「スマート機器などの環境3Dモデルを自動生成する環境教育支援システム」にて研究分担者(研究費総額3,400千円)、2016~2018
  • 基盤研究(C)(2)、研究課題「BIM用の詳細な建物の3Dモデルの自動生成システムの開発」にて研究代表者(研究費総額3,500千円)、2018~2020

受託研究

  • 通信・放送機構(TAO)、研究課題「地域福祉情報ネットワーク構築における基盤技術研究」にて研究分担者(研究費総額46,000千円)、1998.12.8~2001.3.31
  • (財)ソフトピアジャパン、研究課題「大垣市の多目的3次元仮想都市空間の研究ーGISベースの地域福祉情報ネットワークの基盤技術-」にて研究分担者(研究費総額6,000千円)、1999.6.17~2001.3.6
  • (財)ソフトピアジャパン、研究課題「3次元モデルを用いた考古学研究、遺跡復元、まちづくり支援システム」にて研究代表者(研究費総額1,6000千円)、2007.2.15~2008.3.10

各種公的研究

  • 愛知県緊急雇用対策先進的地理情報システム開発事業、テーマ「4次元GISおよび3次元都市モデル自動生成システムの構築に関する研究」(研究費総額5,000千円)、1999.3~2001.4
  • 国土交通省国土計画局のGIS整備・普及支援モデル事業における実証実験データベース利活用実験、テーマ「GISベースの3次元空間データ基盤の自動生成」、2000.9~2001.2
  • 国土交通省国土計画局のGIS整備・普及支援モデル事業における実証実験データベース利活用実験、テーマ「GISとCGの統合化による岐阜県3次元都市モデルの自動生成に関する実験」、2002.7~2003.2

国際共同研究 Joint International Research

  • 科研費のテーマである「3次元都市モデルの自動生成」を元にした応用システムを、カナダのオカナハン(Okanagan)大学のユーリーコムロフスキー(Youry Khmelevsky)教授が、カナダ政府の科研費である「National Science and Engineering Research Council–Engage Grant(NSERC)」に申請し、採択NSERC Engage College grant (501194-2016)。NSERCに申請したテーマ「“3D-Models: Roof Damage Assessment for Automated 3D Building Models”」で、竜巻などの自然災害に襲われた住宅の被害の評価に使う住宅の3次元モデルを自動的に作成するシステムを共同研究。
  • http://people.okanagan.bc.ca/ykhmelevsky/site/Grants.html

国際企業展示 DEFENSE TECHCONNECT

  • 研究テーマ「Automatic Generation of 3D Urban Models for Mega Cities & Smart Cities」でDefense TechConnect のShowcaseというイベントで、ブースにて研究の内容を展示、デモンストレーション。Defense TechConnectはSmart citiesと協賛で本研究テーマはSmart citiesに関係。
  • https://events.techconnect.org/DTCFall/partner/showcase/ にて「Gifu Keizai University」 2018年

産学官連携交流会にて展示

  • 「岐阜地域産学官連携交流会」にて「仮想空間で衣服の型より服飾メーカによる衣服の3Dモデル制作」、「電子地図よりBIM用3次元建物モデルの自動生成、BIM(建物の立体モデルで属性情報をモデルの各部品に関連付け、部品の干渉チェック、建築図書作成)」2009年頃から2019年まで
  • https://www.city.gifu.lg.jp/34397.htm

学術奨励金

  • 東海学術奨励金(中日新聞)、2000年度

学会賞

  • 日本情報考古学会の「堅田賞」受賞、2009年6月、論文:“自動生成システムによる古代の建物の復元 -美濃国分寺を復元する3次元モデルの自動生成-”杉原 健一、木村 寛之((株)イビソク)
  • 教育システム情報学会(JSiSE)第35回全国大会にて、「学術奨励賞」受賞、2010年8月、論文:“古代の建物の3Dモデルによる歴史教育を支援するシステムの開発”、周 欣欣、杉原 健一、村瀬 孝宏

特許、特許契約

  • 杉原健一:文字表示位置固定装置、特許庁 公開公報、1983.9 公開 特開昭60−174585
  • 杉原健一:記憶手段制御装置、特許庁 公開公報、1985.7公開 特開昭61−166212
  • 杉原健一:オンスクリーン表示付全自動探局記憶装置、特許庁 公開公報、1985.11公開 特開昭61−257084
  • 杉原健一:ノーマル処理表示装置、特許庁 公開公報、1986.4 公開 特開昭62−92681
  • 杉原健一、西出卓也:周波数特性補償装置、特許公告公報、1988.12 特公昭63−65197
  • 杉原健一、林良嗣:3次元屋根付き建物モデルの生成方法、生成装置および記録媒体、特許庁 公開公報、2000.8公開 特願2000-243160
  • 杉原健一:3次元屋根付き建物モデルの生成プログラム、生成方法及び生成装置、特許庁 公開公報、2003.3/27出願、特願2003- 89051、2004.10/21 公開、特開2004-295661、2006.2/8 審査請求
  • 玉野総合コンサルタント(株)と特願2003- 89051 “3次元屋根付き建物モデルの生成プログラム、生成方法及び生成装置”を玉野総合コンサルタント(株)が使用する契約を締結。2003/03/27
  • 株式会社ニュージェックと特願2003- 89051 “3次元屋根付き建物モデルの生成プログラム、生成方法及び生成装置”を株式会社ニュージェックが使用する契約を締結。2004/01

社会的活動

〈学会役員〉
・教育システム情報学会(旧CAI学会)東海支部研究会幹事
・教育システム情報学会(JSiSE) 第24回全国大会実行委員会広報担当責任者
・教育システム情報学会 査読委員(平成12年度、平成15年度、平成17年度)

〈国際学会の委員〉
・International Conference 2011 on Spatial Planning and Sustainable Development, 29-31 July, 2011, Kanazawa にてプログラム委員
・Conference on Construction Applications of Virtual Reality (CONVR 2012)でのScientific Committee(科学委員)
・国際学会 SPSD(Spatial Planning and Sustainable Development)の理事(Board of Directors)

〈公的委員会等の委員〉
・大垣市行政改革実行委員(平成9年度)
・愛知県空間データベース検討会委員(平成12年度)
・大垣市中心市街地活性化市民ビジョン策定部会委員(平成14年度)
・愛知県統合型GIS整備推進事業総合評価委員会委員(平成14年4月~8月)
・(財)都市づくりパブリックデザインセンターの景観情報技術の活用に関する検討会委員(平成17年2月~7月)
・国土交通省 国土地理院より、中部圏を対象とした「広域における地理空間情報の整備・更新モデル事業」の検討委員会の座長(平成20年9月~ )

メッセージ

私の方の研究室では、GISとCGの研究をしています。GISとは、カーナビのような電子地図を取り扱うコンピュータシステムです。私の方の研究テーマは、「CGの3次元都市」を自動的に生成するシステムで、今のところは、政府の補助金をもらって、時代の追い風を受けています。また、開発した自動生成システムの「商品化」に取り組んでいますが、現在のところ、GISのコンサルタント企業2社に採用され、「商品化」もされました。

時代の最先端のIT技術(例えば、Google EarthやGoogle Maps API)を修得してもらい、ゼミでは、自分なりのオリジナルなGISやCGのシステムを作ることを目標しています。例えば、韓国の学生さんが、GISを使って、朝鮮通信士の歴史を調査・研究・紹介するシステムとか、CGが好きな人は、建物が建つことで生じる日影を、3次元CGソフトでシミュレーションするシステムなどです。

連絡先

E-mail : sugihara@gku.ac.jp