教員紹介

中川 潔美(なかがわ きよみ)/助教

「看護学部」 中川 潔美 助教

学位 修士(人間学)
担当科目 早期看護体験学習/生活支援技術論/治療支援技術論/看護過程論/フィジカルアセスメント演習/基礎看護学実習Ⅰ/基礎看護学実習Ⅱ
研究テーマ e-ラーニングを活用した反転授業の構築
記憶と学習のメカニズム
認知機能障害を予防する機能性食品成分の探索

研究業績

論文

  • 1. Cullin-4B E3 ubiquitin ligase mediates Apaf-1ubiquitination to regulate caspase-9 activity(共著),PLOS ONE14(7) 2019
  • 2. 教学IRとラーニングアナリティクス(単著),新しい医学教育の流れ, 19(1),37-39,2019.
  • 3. シミュレーション教育の現状と課題(共著),新しい医学教育の流れ, 18(2),110-113,2018.
  • 4. 異文化理解(単著),新しい医学教育の流れ, 18(1),26-28,2018.
  • 5. Odor preference and olfactory memory are impaired in Olfaxin-deficient mice(共著),Brain Research. 1688: 81–90, 2018
  • 6. Dietary Quercetin Ameliorates Memory Impairment in a Murine Model of Alzheimer’s Disease with Obesity and Diabetes, Suppressing ATF4 Expression(共著),J Neurology Neuroscience Vol.8 No:6:234,2017
  • 7. 様々なアクティブラーニングの手法と反転授業の関連性(共著),新しい医学教育の流れ, 17,167-171,2017.
  • 8. 動機づけ面接の技法を学習の動機づけへー反転授業でもー(共著),新しい医学教育の流れ,17,34-36,2017.
  • 9. アクティブラーニングと反転授業(単著),新しい医学教育の流れ,16,184-186,2016.
  • 10. シミュレーション教育の実践の検討(単著),新しい医学教育の流れ,16,112-114,2016. 
  • 11. 大学教育における反転授業実践に関する文献検討(共著),朝日大学保健医療学部看護学科紀要, 2, 7-13,2016.
  • 12. がんサバイバーと食生活に関する2010年から2015年の国内文献の検討(共著),朝日大学保健医療学部看護学科紀要, 2, 15-20, 2016.
  • 13. Improvement of memory recall by quercetin in rodent contextual fear conditioning and human early-stage Alzheimer's disease patients(共著), NeuroReport. 27, 671-676, 2016.
  • 14. Expanded polyglutamine embedded in the endoplasmic reticulum causes membrane distortion and coincides with Bax insertion(共著), Biochem Biophys Res Commun. 474, 259-263, 2016.
  • 15. 看護基礎教育における反転授業およびブレンディッド・ラーニング(共著), 新しい医学教育の流れ,15,228-232,2015.
  • 16. 研究手法としてのインタビューをより効果的にするために」に参加して.(単著),新しい医学教育の流れ, 15,140-142,2015.
  • 17. 「生」と「死」の自己決定について(修士論文)2013.
  • 18. 身体侵襲を伴う看護技術の学生間における体験学習の検討(共著),岐阜看護研究会誌,4, 111-119,2012.
  • 19. 臨床看護師との協働による基礎看護技術教育の実践(第2報)(共著),岐阜看護研究会誌,4,137-146,2012.

科学研究費助成事業

  • 科学研究費助成事業(基盤研究(C)(一般)研究代表者、平成30年度〜平成32年度)取得、交付額4420千円(直接経費:3400千円、間接経費:1020千円) 研究課題名: 看護基礎教育におけるe-ラーニングを活用した反転授業の構築(課題番号18K10143)
  • 科学研究費助成事業(基盤研究(C)(一般)研究代表者、平成27年度〜平成29年度)取得、交付額4940千円(直接経費:3800千円、間接経費:1140千円) 研究課題名: 看護技術教育におけるe−ラーニングを活用した反転授業の試み(課題番号15K11529)

学会発表

  • 1. E-learning material usage survey: analysis of learning motivation(共同発表),The 6th International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science,Osaka,Japan:2020年2月
  • 2. Learner Characteristics of First-Year Students - A Survey of Educational Materials Using e-Learning -(共同発表),23rd EAFONS 2020,Chiang Mai,Thailand:2020年1月
  • 3. 主体的学習につながる反転授業の事前学習課題検討―e-ラーニングを活用した教材活用調査からー,第39回日本看護科学学会学術集会(共同発表),石川:2019年12月
  • 4. Activated integrated stress response in obese diabetic mice may cause impairment of adult hippocampal neurogenesis and episodic-like memory(共同発表), 2019 Neuroscience, Chicago,USA:2019年10月
  • 5. ジグソー法を用いた対面授業の試み(単独発表),日本協同教育学会 第16回大会,高知:2019年10月
  • 6. Simulation-based Nursing Education in Japan(共同発表),22nd EAFONS 2019,Singapore,Singapore:2019年1月
  • 7. テキストマイニングを用いたe−ラーニング教育の文献検討(共同発表),第38回日本看護科学学会学術集会,愛媛:2018年12月
  • 8. e−ラーニングを活用した反転授業へ(共同発表),日本協同教育学会 第15回大会、大阪:2018年11月
  • 9. アクティブラーニングの視点で考える反転授業(共同発表),第37回日本看護科学学会学術集会,宮城: 2017年12月
  • 10. ジグソー学習法を取り入れた検査援助技術の授業展開(共同発表),日本協同教育学会 第14回大会,岡山:2017年10月  
  • 11. Structuring face-to-face classes in Flipped classrooms(共同発表), TNMC & WANS International Nursing Research Conference 2017, Bangkok,Thailand: 2017年10月
  • 12. Trend of Studies on Eating Habits in Cancer Survivors(共同発表), TNMC & WANS International Nursing Research Conference 2017, Bangkok,Thailand: 2017年10月
  • 13. IMPROVEMENT OF MEMORY IMPAIRMENT BY DIETARY QUERCETIN SUPPLEMENTATION THROUGH SUPPRESSING ATF4 EXPRESSION IN A MURINE MODEL OF EARLY-STAGE ALZHEIMER’S DISEASE WITH OBESITY AND DIABETES(共同発表),XXⅢWorld Congress of Neurology,Kyoto, Japan:2017年9月
  • 14. 大学教育における反転授業の実践に関する文献検討(共同発表),第36回日本看護科学学会学術集会,東京:2016年12月
  • 15. 看護基礎教育における反転授業の実践に関する文献検討(共同発表),第20回日本看護研究学会東海地方会学術集会集,神奈川:2016年3月
  • 16. 人工呼吸器装着をめぐる倫理的諸問題―ALS患者の場合(単独発表),第8回日本看護倫理学会,兵庫:2015年5月