教員紹介

平手 賢治(ひらて けんじ)/教授

「経営学部」 平手 賢治 教授

学位 博士(経営学)、博士(法学)
担当科目 経営学/経営管理論/現代企業論/基礎演習/演習Ⅰ/演習Ⅱ/経営管理研究(大学院)
研究テーマ ①現代トマス主義自然法論,現代トマス主義徳倫理学(ローンハイマー,ルーニョ,ヴォイティワ,ワイルド,ドゥ・フィナンス,パンケールなど)
②生命倫理学,政治倫理学,経済倫理学,経営倫理学(特に,リーダーシップ論)
③日本朱子学的自然法論(現代崎門学派を中心に)
④資格試験指導(法学,経営学,政治学など)

研究業績

論文

  • 「トマス主義自然法論と朱子学的自然法論 ――自然法の本質と普遍性――」法政論叢(日本法政学会)54巻第1号,2019年(査読論文)
  • 「自然法論におけるリーダーの使命 ――稲盛和夫の『フィロソフィ』と小倉昌男の『経営学』――」経済社会学会年報40巻,pp.95~106,2018年(査読論文)
  • 「自然法と行為」志學館法学19号,pp.87~104,2018年(紀要論文)
  • 「アンヘル・ロドリゲス・ルーニョの自然法論」法政論叢(日本法政学会)53巻第2号,pp.107~123,2018年(査読論文)
  • 「トマス主義自然法論とは何か」法政論叢(日本法政学会)52巻第2号pp.1~13,2016年(査読論文)
  • 「自然法論と経営哲学 ――松下‐稲盛経営哲学の自然法論的刷新に向けて――」鹿児島大学稲盛アカデミー研究紀要6号pp.121~148,2016年(依頼論文)。

学会発表

  • 「トマス主義自然法論と朱子学的自然法論 ――自然法の本質と普遍性――」日本法政学会,2018年6月24日
  • 「稲盛和夫の「フィロソフィ」と小倉昌男の「経営学」 ――自然法論におけるリーダーの使命――」経済社会学会,2017年9月16日
  • 「自然法と行為 ――トマス主義における自然法論と徳倫理学――」九州法学会【理事推薦】,2017年6月25日。

翻訳

  • レシェク・バルツェロヴィチ著『制限された国家に向けて』志学館法学20号,2019年

社会的活動

~2019年3月   鹿児島大学病院臨床研究倫理委員会委員(社会科学の専門家)
~2019年3月   鹿児島大学臨床研究審査委員会委員
~2019年3月   鹿児島大学医療倫理委員会委員
 

メッセージ

講義では,「善き人生とは何か」,「法とは何か」,そして,「善き社会とは何か」をテーマに,人間存在の内奥まで突き進み,法・社会・マネジメントの本質を把握しようとする態度・営みを,身に着けていただくことを目標としております。