教員紹介

髙木 博史(たかぎ ひろし)/教授

「経済学部」 髙木 博史 教授

学位 修士(社会学)
担当科目 演習Ⅲ/社会福祉原論Ⅰ・Ⅱ/公的扶助論/ソーシャルワーク演習Ⅱ・Ⅳ/ソーシャルワーク実習・実習指導Ⅱ・Ⅲ/市民社会論/介護概論/高齢者福祉論/社会と人権(看護学部)
研究テーマ 日本における貧困問題と低所得者支援のあり方に関する研究
社会福祉・社会保障運動のあり方に関する研究
福祉労働のあり方に関する研究
ソーシャルワーク教育のあり方に関する研究

研究業績

著書(最近の主なもの)

  • (共著)高木博史「第3章2.日本における障害者福祉のあゆみ」福祉臨床シリーズ編集委員会『障害者に対する支援と障害者自立支援制度【第4版】』弘文堂、2018年、77-84頁
  • (編著)繁澤多美・高木博史『いっぽいっぽの挑戦 沖縄の貧困・差別・平和と向き合うソーシャルワーク』福祉のひろば、2015年

論文(最近の主なもの)

  • (単著)「『貧困ビジネス』論と『日常生活支援住居施設』に関する一考察 -特定非営利活動法人ほっとポットの事例から-」『地域経済 第38集』岐阜経済大学地域経済研究所、2019年
  • (単著)「岐阜県における生活保護行政の実施体制等に関する現状と課題」全国公的扶助研究会編『季刊公的扶助研究 第252号』萌文社、2019年
  • (単著)「岐阜県における年金引き下げ違憲訴訟の意義と課題 -年金生活者の生活実態調査から-」『岐阜経済大学論集 第52巻2号』岐阜経済大学学会、2018年
  • (単著)「我が事丸ごと地域共生社会と社会福祉士養成教育の展開と課題」『ソーシャルワークぎふ 第23号』岐阜県社会福祉士会、2018年
  • (共著) 工藤歩・久保隆志・高木博史「保育人材確保に関する現状と課題 -保育士雇用環境アンケートの結果から-」『日本福祉大学社会福祉論集 第136集』2017年
  • (単著)「社会福祉としての保育労働に関する一考察 -今日における保育労働運動の意義-」『地域経済 第36集』岐阜経済大学地域経済研究所、2017年
  • (単著)「岐阜県における生存権保障運動の現状と課題 -生存権アクションぎふの活動から-」『岐阜経済大学論集 第50巻第2号』岐阜経済大学学会、2017年
  • (単著)「生活保護バッシングの背景と高齢者の生活保護の利用の実態 -長野県民医連生活保護実態調査よりー(上)/(下)」全国老人福祉問題研究会編『月刊 ゆたかなくらし 2017年1月号/2月号』本の泉社、2017年

連絡先

E-mail : h-takagi@gku.ac.jp
サイト : http://hiroshitakagi.sakura.ne.jp/