教員紹介

藤井 えりの(ふじい えりの)/准教授

「経済学部」 藤井 えりの 准教授

学位 修士(政策科学)
担当科目 財政学/地方財政論/経済学/地方自治論/公的扶助論/地域企業研究演習Ⅰ・Ⅱ/演習Ⅰ/演習Ⅲ
研究テーマ 生活保護の行財政システム

研究業績

  • 「第4章 雇用・所得保障政策の自治と地方財政」平岡和久・自治体問題研究所編『新しい時代の地方自治像と財政』自治体研究社、2014年。
  • 「「国保被排除層」の生活保護問題」日本地方自治学会編『日本地方自治学会叢書25「新しい公共」とローカル・ガバナンス』敬文堂、2013年。
  • 「日雇い建設労働者のアスベスト被害」『政策科学(別冊):アスベスト・原子力災害特集号、2012年度版』(立命館大学)、33~42ページ、2013年。
  • 「低所得層と国民健康保険制度-大阪市における国民健康保険制度の運用実態を事例に-」『中小商工業研究』第113号、42~52頁、2012年。
  • 「長野県下伊那郡町村における国民健康保険制度の運用実態」見上崇洋・森裕之・吉田友彦・高村学人編『地域共創と政策科学-立命館大学の取組-』51~68頁、晃洋書房、2011年。
  • 「国民健康保険制度の運用実態と生活保護~大阪市における低所得層の集積と自治体の財政負担の関係に注目して~」日本地方財政学会編『日本地方財政学会研究叢書17-地方制度の改革と財政課題-』、149~168頁、勁草書房、2010年。
  • 「大都市における生活保護費の財政分析-財源保障機能に着目して-」『政策科学』第16巻、2号、95~112頁、2009年。
  • “Perspectives for Research on Local Government in Japan:Local Reorganization in Europe and studies thereof“ Journal of Policy Science ,vol.4, pp13-16, 2009
  • 「阿智村における予算編成制度改革の現状と課題」『信州自治研』第186号 2~13頁、2007年。

連絡先

E-mail : erino731@gku.ac.jp